【完璧予習】『アベンジャーズ』最新作、「決戦直前モード」な予告編の3つのポイントで公開に備えよ!

【完璧予習】『アベンジャーズ』最新作、「決戦直前モード」な予告編の3つのポイントで公開に備えよ!

アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)、スパイダーマン(トム・ホランド)など、おなじみのヒーローが総登場して繰り広げる大人気SFアクション・シリーズ、マーベル・シネマティック・ユニバース(通称MCU)。その待望の最新作となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)の予告編「第2弾」が解禁され、大きな話題を集めている。


昨年11月に公開された第1弾の予告編があくまで「チラ見せ」だったのと比べると、今回の最新予告編は、もう完全に「決戦直前モード」! 新たなヒントもあちこちに散りばめられ、ファンなら1シーンごとに狂喜乱舞せずにはいられない、充実の内容となっている。ここでは、その中でも特に気になるポイントを3つに絞り込みつつ、今回の映画全体の見どころも探っていくことにしよう。


1.マーベル史上最強のヴィラン、サノス参上。対決の鍵を握るのは、ガーディアンズの緑の女=ガモラ!?



今回の物語でメインのヴィラン(悪役)となるのは、サノス(ジョシュ・ブローリン)。ハルク(マーク・ラファロ)にも負けない巨体で、なおかつ天才的な頭脳の持ち主でもあるサノスは、間違いなく、歴代のマーベル映画で最強のスーパーヴィランである。

このサノスが地球に襲来する目的は、6種類すべてが揃えば、神をも凌ぐ無限のパワーを手にできる「インフィニティ・ストーン」を集めるためーー逆に言うと、アベンジャーズは一致団結し、何があろうとも、その最悪の事態を阻止しなくてはいけない。これが今回の映画の基本プロットだ。

そんな中で、意外な鍵を握ってきそうなキャラは、ガーディアンズの緑の女=ガモラ。14年の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で明かされたとおり、彼女はサノスの養女であり、一番のお気に入りの娘として育てられた。今回の予告編では、1:22のシーンでサノスとちっちゃい頃のガモラが仲睦まじく手を繋いでいる場面を確認できる。昔は、本当に仲良しの父と娘だったのだ。

過去のMCU作品では、『ガーディアンズ2』のスター・ロード(クリス・プラット)と父親のエピソードなど、フクザツな「親子」関係のねじれがストーリーの流れを大きく左右してきた。今回の『インフィニティ・ウォー』も、ひょっとしたらーー?

2.ブラックパンサーの故郷、ワカンダの役割は? キュートな天才科学者が、またまた大活躍!?



これまでのMCU映画と同様、『インフィニティ・ウォー』の物語の舞台は、世界(プラス、今回は宇宙も!)のあちこちを転々としながら展開していく。その中でも、予告編の中でハイライト的な扱いで描かれているのが、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)の故郷であるワカンダの国ーーアフリカの秘境に位置しながら、地球上で最先端のテクノロジーを有する超近代国家だ。

ワカンダの登場シーンは第一弾の予告編にもあったけど、今回の新トレイラーでは、アベンジャーズがワカンダを訪れる理由として、どうやらヴィジョン(ポール・ベタニー)の一時的な「隠れ場所」として選ばれたことが示唆されているーー2作目の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で明かされたとおり、ヴィジョンの頭部にはトニー・スタークが発明したAIと共にマインド・ストーンが埋め込まれており、サノスにとっては今すぐにも奪いたい「標的」なのだ。

0:51のシーンでは、ブラックパンサーの妹にして、キュートな天才科学者シュリ(レティーシャ・ライト)が、ヴィジョンの頭部をホログラム化しているシーンが描かれている。ひょっとして、彼らはヴィジョンの頭からマインド・ストーンを切り離そうとしているのか? もしそんなことになったら、ヴィジョンの命はどうなるのか……!? 過去のMCU映画では、天才的な頭脳と言えば、アイアンマン/トニー・スタークの独壇場だったけど、今回の『インフィニティ・ウォー』では、ブラックパンサー組とワカンダの最先端テクノロジーが物語の行方に深く関わってくることになりそう!?

3.ソー? キャプテン・アメリカ? それとも……?? ついに始まったのか、別れへのカウントダウン



ガーディアンズ組の参戦により、過去最高数のヒーローが登場する『インフィニティ・ウォー』。ストーリーの詳細についてはまだ不明な部分も多いが、現時点でひとつはっきり言えることがある。今回の物語ではーー監督のアンソニー&ジョー・ルッソのコメントにも裏付けられているようにーー何名かのヒーローが、激しい戦いの果てに、命を落とすことになる! ということだ。でも、誰が? どんな状況で? 何のために?

今回の予告編では、何組かのヒーローが過酷な状況に追い込まれた(っぽく見える)シーンが描かれている。ソーはどこかの宇宙空間で孤独に戦っているようだし(おまけに、16年の『マイティ・ソー バトル・ロイヤル』で描かれたとおり、今のソーは無敵のハンマーを持っていないのだ)、アガモットの目=タイム・ストーンを所有しているドクター・ストレンジも当然のごとくサノスに狙われているっぽいし、ワカンダで戦っているキャプテン・アメリカにも、どうやら最大のピンチが訪れて……!?

現在、MCUのストーリーラインは「フェイズ3(第3期)」の真っ只中である。このフェイズ3は、来年2019年5月公開予定の『アベンジャーズ4(仮題)』でいったん完結すると発表されているーーところが、肝心のフェイズ4(第4期)のシリーズ展望については、現時点でディズニーからもマーベルからも、いっさい明かされていない。製作が正式発表された続編は、『新スパイダーマン』の2作目と、『ガーディンズ・オブ・ギャラクシー』の3作目のみ。あとは、すべてのヒーローのスケジュール帳が「真っ白」状態なのである。でも、その「空白」が意味するものとは……?

【完璧予習】『アベンジャーズ』最新作、「決戦直前モード」な予告編の3つのポイントで公開に備えよ!

MCUの未来を占う上で、今回の『インフィニティ・ウォー』が非常に重要なトライゴールドストーン……じゃなくって、試金石になることは間違いない。誰が生き残り、誰が去り行くのか? 何が終わりを告げ、何が新たに始まるのか? すべての答えは、4月27日に明らかに! (内瀬戸久司)

※『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2018年4月27日(金)全国一斉ロードショー。


以前公開された同作の予告編から見る「気になるポイント」を紹介した記事は以下。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』第一弾トレイラー、この4つのポイントが気になる!
少し前のことになるけど、11月の末、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の「お披露目」となる第1弾のトレイラー動画が解禁された。マーベル・コミックの発表によると、最初の24時間での閲覧数は、全世界で「2億3000万回」を超え、これまでの歴代1位の記録『IT/イット “それ”が見えたら…
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』第一弾トレイラー、この4つのポイントが気になる!
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする