ピンク・フロイド、最新リマスタリングによる初期ベストALを5月にアナログ盤で再発決定

  • ピンク・フロイド、最新リマスタリングによる初期ベストALを5月にアナログ盤で再発決定
  • ピンク・フロイド、最新リマスタリングによる初期ベストALを5月にアナログ盤で再発決定
  • ピンク・フロイド、最新リマスタリングによる初期ベストALを5月にアナログ盤で再発決定
  • ピンク・フロイド、最新リマスタリングによる初期ベストALを5月にアナログ盤で再発決定

ピンク・フロイドが、最新リマスタリング音源を使用した1971年リリースのベスト盤『ピンク・フロイドの道(原題:Relics)』を5月18日にアナログ盤でリリースすることが明らかになった。

『ピンク・フロイドの道』は初期のスタジオ・アルバム『夜明けの口笛吹き』、『神秘』、『モア』からの楽曲のほか、シングルB面の楽曲やイギリス版のスタジオ・アルバム未収録のシングル“Arnold Layne”、“See Emily Play”などが収録されている。

バンドの公式Facebookによれば、今回のリイシューは180グラムの重量盤アナログ・レコードでリリースされ、“Arnold Layne”と“See Emily Play”はモノラル、そのほかのトラックはオリジナルのステレオ・バージョンで収録される。


なお、同日には1995年リリースのライブ・アルバム『P.U.L.S.E』のアナログ盤がリイシューされることも決定している
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする