B’z 松本孝弘の愛用ギターが約20年ぶりに本人の元へ

B’z 松本孝弘の愛用ギターが約20年ぶりに本人の元へ
松本孝弘が1990年代後半に愛用していたギター「ピンクのミュージックマン」が、約20年ぶりに本人の元へ戻ってきたことが明らかになった。


これはB’zの公式SNSで発表されたもの。「ピンクのミュージックマン」の行方についてB’zが情報提供を呼び掛けたところ、短期間でさまざまな有力情報が寄せられたという。その中から、ある楽器メーカーの倉庫に保管されているという情報が入り、現物を確認したところ、松本本人が所有していたものに間違いないと判断、この度本人の元へ無事に返された。

松本自身も「ピンクのミュージックマン」との再会を大変喜んでおり、無事に手元に戻ったことと感謝を込めて、B'zの大型エキシビション「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」にて、5月11日(金)より展示されることが決定した。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする