ポール・サイモン、過去曲を新たに解釈した新作『イン・ザ・ブルー・ライト』を9月にリリース決定!

ポール・サイモン、過去曲を新たに解釈した新作『イン・ザ・ブルー・ライト』を9月にリリース決定!

ポール・サイモンが、新作『イン・ザ・ブルー・ライト』を9月7日(日本盤は9月26日)にリリースすることが決定した。

サイモンにとって14枚目のスタジオ・アルバムとなる同新作は、60年代以来の盟友であるロイ・ハリーと共同でプロデュースを手がけており、過去の作品群からサイモン本人が選んだお気に入りの10曲が新たな解釈を加えられ収録されているという。

新作には、ジャズ・トランペット奏者のウィントン・マルサリス、ギタリストのビル・フリゼール、ドラマーのジャック・ディジョネットとスティーヴ・ガットなどが参加している。

なお、同新作のレコーディング風景を収めた映像も公開された。


ポール・サイモンは同新作について、以下のようにコメントしている。

このアルバムに収められた曲は、僕にしてみれば「ほぼ正しい」と思える、一度目は見過ごされてしまった、ちょっと変わった曲の数々だ。アレンジをやり直し、ハーモニーの構造を見直し、曖昧だった歌詞を書き換えることで僕自身、頭の整理ができた。

自分は何を言いたかったのか、その当時、何を考えていたのか。そうして、より分かりやすいものに生まれ変わらせることができたんだ。   


なお、サイモンは現在「フェアウェル(さようなら)」ツアーとなる「Homeward Bound – The Farewell Tour」を開催しており、新作がリリースされる9月のニューヨーク公演をもって終了する予定となっている。

リリース情報は以下。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする