ゆず、収益金全額寄付の“うたエール(弾き語りバージョン)”配信開始。ジャケ写は北川の手書き

  • ゆず、収益金全額寄付の“うたエール(弾き語りバージョン)”配信開始。ジャケ写は北川の手書き - “うたエール(弾き語りバージョン)”7月20日配信

    “うたエール(弾き語りバージョン)”7月20日配信

  • ゆず、収益金全額寄付の“うたエール(弾き語りバージョン)”配信開始。ジャケ写は北川の手書き
  • ゆず、収益金全額寄付の“うたエール(弾き語りバージョン)”配信開始。ジャケ写は北川の手書き - “うたエール(弾き語りバージョン)”7月20日配信
  • ゆず、収益金全額寄付の“うたエール(弾き語りバージョン)”配信開始。ジャケ写は北川の手書き
ゆずの最新曲“うたエール(弾き語りバージョン)”が、本日7月20日より主要配信サイトにて配信リリースされた。

同曲は、今年リリースした“うたエール”(アルバム『BIG YELL』に収録)を弾き語りバージョンとして急遽レコーディング。その収益金を、西日本を中心に被害を受けた「平成30年7月豪雨」被災地への支援金として全額寄付することを発表していた。

西日本豪雨災害により、予定していた7月7日(土)、8日(日)の広島グリーンアリーナ公演が中止になった後、スタッフを含めた緊急ミーティングを実施し、ゆずとしてなにができるかを考えた末、「歌」で支援することを決意したという。

同曲は、元々弾き語りアレンジは存在しない曲だったため、スタジオにてアレンジやコーラスワークを再構築し、異例のスケジュールで音源が完成したとのこと。

配信開始に伴い解禁されたジャケット写真は、北川悠仁の直筆によるゆずマークと楽曲タイトル。1日でも早く曲を届けたい、という想いからジャケット写真制作期間を設けず、レコーディングの合間に手書きで執筆したという。

なお、この楽曲収益により集まった義援金の寄付先や寄付金額は、追ってゆずオフィシャルサイトにて報告される。


【ゆず コメント】
はじめに、このたび発生した西日本豪雨被害において、被災者の方々の
ご無事を祈るとともに、亡くなられた方々のご冥福を心より
お祈り申し上げます。
災害が起きたとき、僕たちゆずは全国ツアーの広島公演前日で、
広島に滞在していました。楽しみに待ってくれているファンの皆さんのために、
なんとかライブができないかと考えましたが、自分たちの想像を超える大きな
被害状況や公共交通機関の混乱、そしてなにより、お客様の安全を最優先し、
ライブは2日間中止とさせていただきました。
滞在先から報道を通じて、広がっていく被害の大きさを目の当たりにし、
とても苦しく、悲しい気持ちになりました。同時に、自分たちになにか
できないかをずっと考えていました。そして湧いてきたのは
今までもそうであったように、“歌”で皆さんにエールを、
支援を贈りたいという想いでした。
横浜に戻り、すぐにゆずで話し合いを行いました。そして、
「うたエール」という楽曲を、ゆずの原点である弾き語りで再び
レコーディングし、皆さんにエールを贈る、という形を選びました。2 人だけの
歌と演奏に、いまの想いをすべて込めました。
この配信楽曲の収益金は、復興支援のためのお役に立てるように、全額寄付し
ます。寄付金額や寄付先についても、改めてご報告させていただきます。
僕たちの歌が、皆さんのこれからの復旧・復興のエールになりますように。



公式SNSアカウントをフォローする
フォローする