クリープハイプ、HondaとのコラボMVを公開。私服の尾崎世界観がリアルな朝の様子を再現

  • クリープハイプ、HondaとのコラボMVを公開。私服の尾崎世界観がリアルな朝の様子を再現
  • クリープハイプ、HondaとのコラボMVを公開。私服の尾崎世界観がリアルな朝の様子を再現
  • クリープハイプ、HondaとのコラボMVを公開。私服の尾崎世界観がリアルな朝の様子を再現
  • クリープハイプ、HondaとのコラボMVを公開。私服の尾崎世界観がリアルな朝の様子を再現
クリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』に収録されている“ゆっくり行こう”が、本田技研工業株式会社の「Me and Honda」イメージソングとして書き下ろされたことが発表となった。また、映像作家の柘植泰人が監督を務めた同曲のコラボミュージックビデオが公開された。


「Me and Honda」は、世界中に存在するHondaで人生を楽しむ人たちを紹介するドキュメントコンテンツ。第3弾である今回は、「スーパーカブ」で通学する種子島の高校生へ向けてのもので、「大切な青春時代をカブとともに過ごしてくれたみなさまに、特別な感謝の気持ちを贈りたい」というHondaの想いに賛同したのが、クリープハイプだったという。なおMV内の尾崎世界観の衣装は彼の私服が使用されており、尾崎らしいリアルな朝の様子が再現されているとのこと。

また、明日9月15日(土)に放送される特別番組『私とクリープ~Me and CreepHyp~』に出演する著名人が発表された。お笑い芸人・又吉直樹、女優・川口春奈、タレント・岡田結実、アーティスト・清水依与吏(back number)、映像作家・柘植康人らが、「私とクリープ」の出会いや「魅力」を語りつくすという。



【クリープハイプ コメント】
東京と種子島。
楽曲制作をしていくなかで、遠い距離を身近に感じる瞬間もありました。
映像で鳴っている、静かに強いカブの音が印象的でした。
今回、こうして関わることが出来て嬉しかったです。

【監督・柘植泰人 コメント】
昨年の夏に訪れた種子島は、透き通った碧い海と、
種子島高校の生徒たちの笑顔が印象的でした。
スーパーカブで通学する彼らの、
キラキラした日々の断片を集めて尾崎さんに渡したら、こんなに素敵な楽曲を作ってくれました。
彼らは近い将来、この日々を卒業して、
たくさん傷ついたり、何かをすり減らしながらも懸命に生きていくんだと思います。
「ゆっくり行こう」はそんな彼らに贈るメッセージのようで、その歌詞から尾崎さんの優しさを感じました。



公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする