ドレイク、ビートルズが打ち立てた全米チャート記録を54年ぶりに抜く! 今年に入り12曲でトップ10入りの快挙

ドレイク、ビートルズが打ち立てた全米チャート記録を54年ぶりに抜く! 今年に入り12曲でトップ10入りの快挙

チャート・アクションやストリーミング再生回数でたびたび新たな記録を樹立しているドレイクだが、今回新たに「Billboard Hot 100」チャートの記録でザ・ビートルズを超えたことが明らかになった。

「Billboard」によると、ドレイクがフィーチャリングされているバッド・バニーの“Mia”が10月27日付の「Billboard Hot 100」で5位を獲得し、これがドレイクにとって2018年で12曲目のトップ10入りに。

これによってドレイクは、ビートルズが保持していた1年間でトップ10入りした曲数の最多記録を抜くこととなった。

なおビートルズの記録は、バンドがブレイクした1964年に打ち立てた11曲トップ10入りだ。ドレイクはこの記録を54年ぶりに更新したことになる。


2018年に「Billboard Hot 100」トップ10にランクインしたドレイクの12曲は以下。

“God's Plan”:2月3日付1位(11週連続)
“Diplomatic Immunity”:2月3日付7位
BlocBoy JB“Look Alive feat. Drake”:3月3日付5位
ミーゴス“Walk It Talk It feat. Drake”:4月14日10位
“Nice for What”:4月21日付1位(8週連続)
リル・ベイビー&ドレイク“Yes Indeed”:6月2日付6位
“Nonstop”:7月14日付2位
“I'm Upset”:7月14日付7位
“Emotionless”:7月14日付8位
“Don't Matter to Me feat. Michael Jackson”:7月14日付9位
“In My Feelings”:7月21日付1位(10週連続)
バッド・バニー“Mia feat. Drake”:10月27日付5位

ビートルズの1964年の記録は、「Billboard」の公式サイトで見ることができる。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする