ディアハンターの元ベーシスト、ジョッシュ・フォーバーが逝去。享年39歳

ディアハンターの元ベーシスト、ジョッシュ・フォーバーが逝去。享年39歳

ディアハンターの元ベーシストであるジョッシュ・フォーバーが逝去したことが明らかになった。現在のところ死因は発表されていない。享年39歳だった。

フォーバーは2004年にディアハンターに加入し、翌年発表された1stアルバムに参加。その後同バンドの4枚のアルバムに参加。5枚目のアルバム『モノマニア』の制作が始まる前の2012年にバンドを脱退した。

最後に参加したのは2010年の『ハルシオン・ダイジェスト』、さらには『Fluorescent Grey』と『Rainwater Cassette Exchange』のEP2作品だった。

「NME」によると、バンドのフロントマンであるブラッドフォード・コックスはフォーバーの脱退について、「ケンカは一度もなかったし、険悪なものは一切なかった」とのちに「Pitchfork」に語っていたという。

フォーバーは他にもアトランタのElectrosleep InternationalやS.I.D.S.といったバンドに在籍し、Diet Colaという自身のソロ・プロジェクトでも活動していた。

さらにはインディ・レーベルArmy Of Bad Luckを運営し、地元のPleasure CruiseやBattlecat、オースティンのFinally Punkといったバンドの音源をリリースしていた。

ディアハンターは現地時間11月3日にフォーバーを含めたバンドの写真をInstagramに投稿し、「今はとても辛い時期」と綴っている。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする