映画『ボヘミアン・ラプソディ』、米における歴代興行収入2位の快挙を達成! 全世界の興行はすでに160億円を突破

映画『ボヘミアン・ラプソディ』、米における歴代興行収入2位の快挙を達成! 全世界の興行はすでに160億円を突破 - © 2018 Twentieth Century Fox© 2018 Twentieth Century Fox

11月9日に日本公開を迎えるクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』だが、アメリカにおいて音楽系の伝記映画歴代2位のオープニング興収を記録したことが明らかになった。

同映画はイギリスで10月に、アメリカで現地時間11月2日に封切られた。

現地時間11月4日に「CNN」で報じられた時点では北米での興行収入がすでに5000万ドル(約56億円)に到達しており、週末の興行収入北米1位を獲得。全世界の興行収入は1億4000万ドル(約160億円)を突破しているとのことだ。

「NME」によると、これにより『ボヘミアン・ラプソディ』は、公開後の週末で6020万ドル(約68億円)の興収を上げた『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)に続く記録を樹立。音楽系の伝記映画としては、歴代2位の快挙を達成した。




クイーンの巻頭特集記事は現在発売中の『ロッキング・オン』12月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』、米における歴代興行収入2位の快挙を達成! 全世界の興行はすでに160億円を突破 - 『rockin'on』2018年12月号『rockin'on』2018年12月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする