スリップノット、2014年以来の新ALは来年半ばにリリースか。ファンのツイートにコリィが自ら返信

スリップノット、2014年以来の新ALは来年半ばにリリースか。ファンのツイートにコリィが自ら返信

2014年にリリースのアルバム『.5:ザ・グレイ・チャプター』以来約4年ぶりとなる新曲“All Out Life”を11月にリリースしたスリップノットだが、コリィ・テイラーが、新作のレコーディングのためのスタジオ入りについて明かしていたことが分かった。

「Kerrang」によると、ファンがコリィに向けて投稿した「(スタジオ入りは)2020年だってコリィが言ってたよな……」とのツイートに、コリィが「違う、2019年だ。俺はそう言ったぜ。1月にレコーディングを始めて、2019年半ばにはリリースされる」と返信していたという。

コリィとファンのやり取りはTwitterで見ることができる。

コリィがニュー・アルバムについて触れたのは今回が初めてではなく、今年3月には「取り組み中……」とのコメントを添え、ノートに綴られた歌詞の画像をInstagramに投稿していた。


2019年6月よりフィンランドで開始されるヨーロッパ・ツアーの日程もすでに発表されており、以前に「Kerrang」が行ったインタビューでは、コリィが「ニュー・アルバムは、(デビュー作の)『アイオワ』レベルのヘビーさだ」とコメントしていたとのことだ。


なお、先日にはクラウンことショーン・クラハンが、『オール・ホープ・イズ・ゴーン』の制作中にコリィ・テイラーとジム・ルート、DJのシド・ウィルソンと共に11曲の楽曲をレコーディングしていたと明かしていた

この11曲のうち10曲はリリースされていないが、全曲がマスタリングまで終わっており、アートワークも存在しているとのことだ。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする