『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットを受けクイーン作品の全出荷枚数が100万枚を突破! 映画公開前より1292倍増になった作品も

『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットを受けクイーン作品の全出荷枚数が100万枚を突破! 映画公開前より1292倍増になった作品も - pic by Chris Hopperpic by Chris Hopper

第91回アカデミー賞の主要部門含む5部門にノミネートされ、日本でも今なおヒットを続けている映画『ボヘミアン・ラプソディ』だが、同作のヒットを受け、昨年10月から現在までにユニバーサル ミュージックから発売されているクイーンの音楽作品の全出荷枚数が100万枚を突破したことがわかった。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサントラはCD、配信を含めて41万枚を突破しており、1月15日発表のオリコン週間合算アルバム・ランキングでは1位を記録(1月21日付)。1月22日発表のオリコン週間デジタル・アルバム・ランキングでは7週ぶりに首位に返り咲いている(1月28日付)。

さらに、映像作品『伝説の証~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985』は、2018年7月~9月と10月~12月までの3ヶ月の出荷枚数を比較すると1292倍も増えており、映画の効果が表れた結果となっている。

なお、昨年10月1日からの日本だけでのストリーミング総計は1億1000万回を超えて、最も多く再生された“Bohemian Rhapsody”は1182万1149回再生されているという。

ユニバーサル ミュージックのクイーン作品全体の出荷枚数、ストリーミングの再生数、オリジナル・アルバムの出荷枚数の各ランキングは以下。

◯全作品TOP10 (一番右の数字は昨年10月から1月24日までの出荷枚数)

1.『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』:41万5869枚
2.『ジュエルズ』:10万167枚
3.『グレイテスト・ヒッツ』:8万4658枚
4.『伝説の証~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985』:7万346枚
5.『グレイテスト・ヒッツ VOL. 2』:2万4636枚
6. 『ライヴ・アット・ウェンブリー・スタジアム<25周年記念スタンダード・エディション>』:1万9619枚
7.『オペラ座の夜』:1万4644枚
8. 『プラチナム・コレクション』:1万3603枚
9.『輝ける日々<ジャパン・スペシャル・エディション>』:1万3317枚
10.『クイーンⅡ』:8829枚

◯最もストリーミングされた楽曲TOP10 (一番右の数字は昨年10月から1月24日までの再生回数)

1. “Bohemian Rhapsody”:1182万1149回
2. “Don't Stop Me Now”:729万2945回
3. “We Will Rock You”:665万4463回
4. “Killer Queen”:656万2273回
5. “Somebody To Love”:635万7591回
6. “We Are The Champions”:575万2779回
7. “Another One Bites the Dust”:541万968回
8. “Radio Ga Ga”:457万84回
9. “Crazy Little Thing Called Love”:355万2939回
10. "Fat Bottomed Girls”:324万7033回

◯オリジナル・アルバム出荷枚数TOP10(昨年10月から1月24日まで)

1.『オペラ座の夜』
2.『クイーンⅡ』
3.『イニュエンドウ』
4.『戦慄の王女』
5.『シアー・ハート・アタック』
6.『メイド・イン・ヘヴン』
7.『華麗なるレース』
8.『世界に捧ぐ』
9.『ジャズ』
10.『ザ・ワークス』


公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする