FBIがR・ケリーの犯罪捜査を開始か。不道徳的行為を目的とし、未成年者を飛行機で州際移送した疑い

FBIがR・ケリーの犯罪捜査を開始か。不道徳的行為を目的とし、未成年者を飛行機で州際移送した疑い

ジョージア州にあるR・ケリーの元邸宅に監禁されていたとする女性たちの訴えを受け、同州のフルトン郡地区検察局がR・ケリーの犯罪捜査を開始したことは先日報じた通りだが、今回新たに米連邦捜査局(FBI)も捜査を開始したと報じられている。

「TMZ」の報道を元に「Consequence of Sound」が報じたところによると、FBIは特に、不道徳的行為を目的に未成年者を州際間で移送したかどうかについて調査しているということだ。

米テレビ局Lifetimeの番組「Surviving R. Kelly」にも登場した被害者の1人Azriel Claryは、17歳当時、2015年5月にパーム・スプリングスからフェニックス、そしてオーランドへと飛行機で移送されたという。彼女の家族によると、この飛行機での移送はケリーの個人秘書が手配したとのこと。

家族は2016年から本人と連絡が取れておらず、彼女がケリーの「性奴隷」となっているのではないかと考えているとのことだ。

この疑惑が事実であれば、ケリーはセックス、淫行、売春を目的とした未成年者の州際間の移送を禁止する連邦法であるマン法(Mann Act)に違反していることになる。この犯罪に対しては、連邦刑務所で最高10年の懲役刑が科されることになるという。

なお、ジョージア州の州警察による捜査に続き、イリノイ州も捜査を開始する可能性が高まっているとのことだ。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする