ブライアン・シンガー監督、『ボヘミアン・ラプソディ』に続く監督作の製作が保留に。性的暴行告発の余波続く

ブライアン・シンガー監督、『ボヘミアン・ラプソディ』に続く監督作の製作が保留に。性的暴行告発の余波続く

複数名から性的暴行の告発を受けている『ボヘミアン・ラプソディ』のブライアン・シンガー監督だが、次回作として発表されていたマーベル・コミックスをもとにした映画『Red Sonja』の製作が保留になったことが明らかとなった。

シンガーと1000万ドル(約11億円)の契約を結んだと言われていたMillennium Film配給の『Red Sonja』だが、1月末の時点ではMillennium FilmのCEOアヴィ・ラーナーが「私は議題に振り回されたフェイクニュースと現実との違いを知っていますし、この判断に非常に自信を持っています。アメリカでは、罪が証明されるまでは無罪なのです」とコメントしていた

しかし今回「The Hollywood Reporter」の報道を伝えた「Consequence of Sound」によると、『Red Sonja』はMillennium Filmsの手から離れ、ベルリン映画祭併設のEuropean Film Marketにも出品されないという。

「The Hollywood Reporter」の報道ではシンガーが解雇されたわけではないと伝えられているが、製作の目途は立っていない状態のようだ。

シンガーは過去にも複数名から性的暴行の告発を受けており、先月末には「The Atlantic」の記事を通し、新たに4名が未成年時代に監督から被害を受けたとして訴えている。

この件を受け、現地時間2月10日に開催された英国アカデミー賞授賞式で作品賞にノミネートされていた『ボヘミアン・ラプソディ』から、シンガーの名前が保留になったことも報じられていた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする