ニール・ヤングが綴った464ページにもおよぶ回想録『ニール・ヤング 回想』――青春時代を中心にその一部を抜粋

ニール・ヤングが綴った464ページにもおよぶ回想録『ニール・ヤング 回想』――青春時代を中心にその一部を抜粋 - 『rockin'on』2019年3月号より『rockin'on』2019年3月号より
ニール・ヤングが綴った464ページにもおよぶ回想録『ニール・ヤング 回想』――青春時代を中心にその一部を抜粋 - 『ニール・ヤング 回想』『ニール・ヤング 回想』
ニール・ヤングが自ら綴った回想録『Special Deluxe: A Memoir of Life & Cars』の初訳『ニール・ヤング 回想』が、河出書房新社より1月18日に刊行された。

オールカラーで464ページにも及ぶ豪華な同書籍の中から、『ロッキング・オン』3月号ではそのごく一部を抜粋し掲載している。

そんな悲しい場面は見たことがなかった。いまでも思い出したくない。午後遅く、日が沈みかけたころ、母が泣きながらレコードを一枚ずつ割り、そのたびに何やらつぶやいていた光景は。


祖父がクリスマスにくれた自転車で、道を覚えながら近所を冒険した話や、少年時代の父との別離、回想録のテーマである「車」にまつわる思い出、またウィニペグのラジオ局で初レコーディングした シングル曲がラジオから流れた時のエピソードなど、音楽活動に関する記述も抜粋されている。

デヴィッド(・クロスビー)とグレアム(・ナッシュ)は完璧なのに対し、スティーヴン(・スティルス)とわたしの歌はもう少し自由だった。ところが四人で合わせると、みごとなハーモニーが生まれた。(中略)何というサウンドだろう。


クレイジー・ホースは最高の演奏ができるバンドだった。あのビートにはとくべつなものがある。ラルフ・モリーナはわたしの演奏に敏感に反応し、わたしがそのビートに乗ってどこへ行こうとしているのかを理解してくれた。


書籍ではニール自身が描いたイラスト40点をオールカラーで収録しているが、『ロッキング・オン』3月号でもその内の数枚を掲載している。ぜひチェックしてみてほしい。

『ニール・ヤング 回想』は、河出書房新社より発売中だ。




ニール・ヤングの記事は現在発売中の『ロッキング・オン』3月号に掲載中です。
ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ニール・ヤングが綴った464ページにもおよぶ回想録『ニール・ヤング 回想』――青春時代を中心にその一部を抜粋 - 『rockin'on』2019年3月号『rockin'on』2019年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする