リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画『As It Was』が完成か。「こりゃ大傑作だ」

リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画『As It Was』が完成か。「こりゃ大傑作だ」

制作中であることが昨年5月に明らかになったリアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画『As It Was』だが、リアムが同作の完成を示唆するツイートを投稿していたことがわかった。

『As It Was』は、2017年のソロ・アルバム『アズ・ユー・ワー』の成功によりソロ・アーティストとして復活を遂げるまでの軌跡を描いたドキュメンタリーになっているとのことで、リアムはTwitterに「ちょうど『As It Was』を観たとこなんだけど、『アズ・ユー・ワー』と『As It Was』に関わったみんな、こりゃ大傑作だ」と本作の感想を投稿している。


公開日などはまだ発表されていないが、『As It Was』の製作を発表した際、リアムはドキュメンタリーの内容について以下のように説明していたとのことだ。

『As It Was』は、俺の音楽的な復活についてのドキュメンタリーだ。初ソロ・アルバムの作曲からレコーディング、故郷のマンチェスターで初めてライブ演奏するまで、そしてワールドツアーの様子が収められてる。映画を楽しんでくれることを願ってるぜ。アズ・ユー・ワー。


なお昨年12月には、「ソングライター軍団」とロサンゼルスで1週間過ごし「お前らの人生を変える20曲をレコーディングした」とTwitterに投稿していた
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする