ギャング・オブ・フォー、来日公演の延期を発表

ギャング・オブ・フォー、来日公演の延期を発表

3月12日、13日に来日公演を控えていたギャング・オブ・フォーだが、同公演がメンバーのアンディ・ギルの体調不良により延期されることが発表された。

この延期に伴い、Aliveの公式サイトでは以下ような発表がなされている。



【ギャング・オブ・フォー来日公演キャンセルのお知らせ】
2019年3月12日(火)、13日(水)に予定されていたGang Of Fourの来日公演は、ギタリストのアンディ・ギルの病状悪化により、開催を中止することとなりました。

今回の公演開催に向け、アンディ本人も限界まで演奏できるよう最善を尽くしておりましたが、ドクターストップにより危険と判断された為、昨夜のタイミングで日本側へ連絡が入りました。回復には約1ヶ月を要し、回復後はまたツアーを再開できるとのことです。 公演直前での発表となりましたこと、心より深くお詫び申し上げます。

尚、別日程にて来日公演を開催予定となっており、現在日程を調整中です。 本公演のチケットをお持ちのお客様は、延期された公演でもそのままチケットをご利用頂けます。 新たな公演日程については、決定次第お知らせ致します。また、返金についての詳細は後ほどご案内させて頂きますので、恐れ入りますが、今しばらくお待ちください。

ギャング・オブ・フォー マネージメントより
いつも応援ありがとうございます。 現在アンディが重度の肺感染症を患っており、呼吸するのが難しい状況です。 治療に専念すべく、予定しておりました日本、中国、オーストラリア、ニュージーランドでの公演を延期させて頂きます。Andyは、みなさんからの激励メッセージと多くの応援に心から感謝しています。 体調を整え、新たなスケジュールが決定次第、みなさんへお知らせします。 お手元のチケットは、延期となった公演でもそのまま使用できるので、保管しておいてください。

重ね重ねになりますが、楽しみにしていた皆様へご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。今後の情報をご確認くださいますようお願い申し上げます。



なお、今回の来日公演では、1日目に1stアルバム『エンターテイメント』の40周年記念による同アルバムの全曲演奏、2日目には「ベスト・オブ・ギャング・オブ・フォー」と題したヒット曲で構成されたライブが行われる予定だった。

公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする