【速報】Hump Backを五月の野音で観た

【速報】Hump Backを五月の野音で観た
全力でバンドに今を捧げながら楽しむということと、大人になりたくなかったけど大人になっていく自分と向き合うこと。
Hump Backの曲とかライブは、その二つの綱引きで、男女関係なく胸の中の熱く柔らかい部分を引き絞る。
夏の足音が聞こえてくるような5月の野音でそれをやられるとエモ過ぎてまいった。
たった3人だけの音と歌だけど、思いのデカさときめ細やかさだけで、こんなにたくさんの人の青春を豊かに彩る音楽になる。
ロックバンドのまだまだ計り知れない可能性をこれでもかというくらい感じさせてくれるライブだった。(古河晋)
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする