ザ・ストロークス、2年ぶりのライブで新曲“The Adults Are Talking”を初披露! 2016年以降初の楽曲

ザ・ストロークス、2年ぶりのライブで新曲“The Adults Are Talking”を初披露! 2016年以降初の楽曲

ザ・ストロークスが、新曲“The Adults Are Talking”を初披露したことがわかった。

Consequence of Sound」によると、現地時間5月13日にロサンゼルスのウィルターン・シアターで行われたチャリティー・ショーにて、“The Adults Are Talking”は披露されたとのこと。同楽曲は2016年にリリースしたEP『Future Present Past』以降、初の新曲となる。

新曲披露の様子は以下から見ることができる。なお、バンドとしてライブを行うのは約2年ぶりとなる。
https://www.youtube.com/watch?v=akANAiFN_7U

さらに、“Ize of the World”、“On the Other Side”、“The Way It Is”など自身の楽曲だけでなくイレイジャーの楽曲“A Little Respect”のカバーも初披露したという。

ストロークスは現地時間8月1日から4日に、グラント・パークで開催されるロラパルーザに出演することが決定している

ウィルターン・シアターでのセットリストは以下。

Heart in a Cage
You Only Live Once
Ize of the World (First time played with The Strokes since 2006)
The Modern Age
Happy Ending (Written on setlist as Mama Love Her Baby Blues)
Hard to Explain
The Adults Are Talking (New song, live debut)
One Way Trigger
Meet Me in the Bathroom
I Can’t Win
On the Other Side (First time played since 2006)
The Way It Is (First time played since 2006)
A Little Respect (Erasure cover) (Live debut)
What Ever Happened?
12:51
Automatic Stop
Soma
Last Nite

Encore:
Is This It
Someday
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする