ブライアン・イーノ、自身の名前が小惑星に付けられることに

ブライアン・イーノ、自身の名前が小惑星に付けられることに - 『アポロ』2CD限定ハードカバー・ブック ジャケット『アポロ』2CD限定ハードカバー・ブック ジャケット

小惑星にブライアン・イーノの名前が付けられたことが明らかとなった。

Consequence of Sound」によると、現地時間6月24日にスイスのチューリッヒで開催されたサイエンス・フェスティバル「Starmus Festival V」のサイエンス・コミュニケーション部門で、イーノはスティーヴン・ホーキング・メダルを授与されたという。その際、イーノにちなんで新しく見つかった小惑星の名前が「イーノ」と名付けられたとのことだ。

もともと同惑星は「81948 (2000 OM69)」と呼ばれていたが、イーノの本名であるBrian Peter George St John le Baptiste de la Salle Enoと名付けられ、短縮して「イーノ」と呼ばれることになったという。


なお、アポロ11号の月面着陸50周年を記念し、ブライアン・イーノが1983年に発表したアルバム『アポロ』の最新リマスターに新曲などを加え、7月19日(金)にリリースされることが決定している
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする