スリーター・キニーからジャネット・ワイス(Dr)が脱退。「私にとって前へ進む時が来た」

スリーター・キニーからジャネット・ワイス(Dr)が脱退。「私にとって前へ進む時が来た」

スリーター・キニーからドラマーのジャネット・ワイスが脱退したことが明らかになった。

SPIN」によると、ジャネット・ワイスは現地時間7月1日に「ファンへの手紙」と題したメッセージをTwitterに投稿。その中でバンドからの脱退を報告したという。

ジャネットのメッセージの全訳は以下。

「慎重に考えた結果、悲しさで一杯ですがスリーター・キニーを脱退する決断を下しました。バンドが新たな方向へ向かっているため、私にとって前へ進む時が来たのです。

コリンとキャリーと一緒に達した頂点を決して忘れないし、私たちには自然の力が作用していたと思う。親愛なるスリーター・キニーのファンへ。みんなは世界で一番クールなファンで本当に大好きよ。一緒に体験した音楽は人生における誇りで、過去24年も私をサポートしてくれたこと、そして間違いなくファンの愛と絆がバンドを救ってくれたし、それを証明してくれたことに感謝したい」

ジャネットは1996年、3rdアルバム『Dig Me Out』がリリースされる前にバンドに加入。セイント・ヴィンセントがプロデュースを手掛け、8月16日(金)にリリースされるニュー・アルバム『The Center Won't Hold』には参加しているそうだ。

なお、ニュー・アルバムからは“The Future Is Here”、“Hurry on Home”が公開されている。


アルバム『The Center Won't Hold』は現在バンドの公式サイトにてプレオーダーを受付中。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

フォローする