クイーン、米19年上半期ロック・チャートで1位・2位独占! トップ10にランクインしたアルバムとは?

クイーン、米19年上半期ロック・チャートで1位・2位独占! トップ10にランクインしたアルバムとは?

ニールセン・ミュージックが発表した北米における2019年上半期のロック・アルバムチャートで、クイーンが1位・2位を独占したことが明らかとなった。

Billboard」によると、このチャートは2019年1月4日から6月20日にかけて集計された統計が基になっており、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックが70万5000枚相当をアメリカで売り上げナンバーワンに輝き、クイーンの『グレイテスト・ヒッツ』が38万5000枚相当で2位にランクインしたとのことだ。


この統計は、従来の形態で販売されたアルバム数となる「トラディショナル・アルバム・セールス」と、トラックごとのダウンロード数をアルバム数に換算した数字となる「トラック・イクィヴァレント・アルバムズ(TEA)」、ストリーミング再生数をアルバム数に換算した「ストリーミング・イクィヴァレント・アルバムズ(SEA)」などを総合して弾き出された数字となる。

6月20までにおけるロック・ジャンルのアルバム相当セールスは6350万枚で、これは全ジャンル(3億520万枚相当)の20.8パーセントに当たる。

2019年上半期のロック・アルバムチャートTOP10は以下の通り。

1位:クイーン『ボヘミアン・ラプソディ』(サウンドトラック)70万5000枚相当
2位:クイーン『グレイテスト・ヒッツ』が38万5000枚相当
3位:パニック!アット・ザ・ディスコ『プレイ・フォー・ザ・ウィキッド』35万4000枚相当
4位:エルトン・ジョン『ダイアモンズ〜グレイテスト・ヒッツ』33万4000枚相当
5位:イマジン・ドラゴンズ『エヴォルヴ』28万9000枚相当
6位:イマジン・ドラゴンズ『オリジンズ』28万枚相当
7位:トム・ペティ&ハート・ブレイカーズ『ザ・ベスト・オブ・エヴリシング ヒッツ・コレクション1976 - 2016』25万8000枚相当
8位:ホージア『Wasteland, Baby!』24万3000枚相当
9位:ジャーニー『グレイテスト・ヒッツ〜永遠の旅』23万8000枚相当
10位:ヴァンパイア・ウィークエンド『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』22万7000枚相当
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする