音楽文投稿サイト「音楽文」、2019年7月・月間賞 最優秀賞&入賞作品を発表

音楽文投稿サイト「音楽文」、2019年7月・月間賞 最優秀賞&入賞作品を発表
音楽文投稿サイト「音楽文」の、2019年7月・月間賞 最優秀賞と入賞作品を発表しました。

選考の結果、今回は最優秀賞2本、入賞作品は3本に決定しました。


◆最優秀賞

私たちは川谷絵音に与えられすぎている
indigo la End『幸せな街路樹』を巡る旅
もろきゅう (25歳)

L’Arc~en~CielとBUMP OF CHICKEN
HYDEと藤原基央の世界観から他者とのつながりを考える
小林宙子 (36歳)

◆入賞作品

ヒトリエと言う名のポラリス
令和元年6月1日新木場スタジオコーストで見た景色の事
百町森 (42歳)

余裕と滲みと
DENIMS makuake に思いを寄せて
yoh (22歳)

生きた証、ここに
アヴィーチーのニューアルバム『TIM』の存在意義を問う
キタガワ (24歳)



「音楽文」の投稿はいつでもできます。公開は平日のみですが毎日行っています。投稿はどんどんサイトに掲載されていきますが、それらの文章は1ヶ月単位で区切り、その月での最優秀賞・入賞をそれぞれ選び、発表します。皆様、奮ってご参加ください。


公式SNSアカウントをフォローする
フォローする