ブライアン・メイ、クイーンのボーカリストとしてアダム・ランバートを改めて賞賛。「きっとフレディも認めるだろう」

ブライアン・メイ、クイーンのボーカリストとしてアダム・ランバートを改めて賞賛。「きっとフレディも認めるだろう」

現地時間7月10日にカナダのバンクーバーより「THE RHAPSODY TOUR」の北米公演をスタートさせたクイーン+アダム・ランバートだが、同ツアーが始まったことを機に、ブライアン・メイが改めてアダム・ランバートのことを賞賛していることがわかった。

Blabbermouth」によると、現地時間7月14日、サンホゼで開催された公演前にブライアンは自身のInstagramを更新。アダムの画像とと共に以下のようなコメントを添えられている。

「間違いなく、この現代における驚異の存在なしに、クイーンがトップレベルのステージを提供することはなかっただろう。今やアダム・ランバートは、本物の現象として大衆に認識され始めている。

10億人に1人いるかいないかという声に恵まれ、彼自身も情熱的で不屈の完璧主義者だ。私たちにとっては贈り物であり、今でもクイーンがバンドとして機能しているのも、今だに新たなチャレンジに挑めるのも彼のお陰だ。それに彼はいい奴なんだよ。家族としてツアーするには、これは大切なことでもある。きっとフレディも大いに認めるだろう。今夜は一晩限りのサンホゼ公演だ! 準備は出来てるか?!!! 

あと、筋道を立てて考えるのをやめていない数少ない人に、一度だけ言っておこう。フレディの物真似とツアーしていたら、どれほどロジャーと私が惨めになっていたか想像してみてほしい。そんなことを暗示する奴はここにいるべきじゃない。

ほとんどの愛すべき人に、アダムに敬意を払ってくれていることに感謝したい。彼を応援することで、クイーンの遺産における命の血脈をサポートしていることになる。何ごとも永遠ではない。これは貴重な瞬間で、バンドはこの道を再び歩きはしない。ブライアン」


クイーン+アダム・ランバートは、2020年1月に同ツアーの日本公演を行うため来日することが決定している

なお、7月10日に行われた同ツアーの初日、カナダのバンクーバー公演のセットリストは以下の記事より。

2020年1月に来日決定のクイーン+アダム・ランバート、北米ツアー初日のセットリストが明らかに!
2020年1月に「QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR」の日本公演が決定したクイーン+アダム・ランバートだが、「THE RHAPSODY TOUR」の北米レッグを現地時間7月10日よりスタートさせている。 「Ultimate C…
2020年1月に来日決定のクイーン+アダム・ランバート、北米ツアー初日のセットリストが明らかに!
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする