amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞

  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
  • amazarashi、初の武道館公演の総合演出がアジア最大のクリエイティブアワード4部門で受賞
amazarashiが昨年2018年11月16日に行った初の武道館公演「朗読演奏実験空間”新言語秩序”」の総合演出が、アジア最大のクリエイティブアワード「Spikes Asia Festival of Creativity」において、デジタルクラフト部門で金賞、デジタル部門で銀賞、モバイル部門・デザイン部門で銅賞と、計4部門で受賞した。


このアワードは、9月25日~27日にかけてシンガポールにて開催され、日本のロックバンドのライブ演出が受賞するのは異例のことだという。参加者一人ひとりのスマートフォンのフラッシュとスクリーンの映像を同期させて、巨大な光を生み出した舞台演出と、デジタル時代の相互検閲をテーマにした1ヶ月に及ぶユーザー参加型のストーリーテリングが、ロックバンドのライブ演出の枠を超えて評価されたとのこと。

また、「朗読演奏実験空間”新言語秩序”」は、国内最大のクリエイティブアワード「ACC TOKYO CREATIVE AWARD」のブランデッド・コミュニケーション部門においても金賞を受賞している。

ライブレポートはこちら。
amazarashi/日本武道館
●セットリスト 1.ワードプロセッサー 2.リビングデッド 3.空洞空洞 4.季節は次々死んでいく 5.自虐家のアリー 6.フィロソフィー 7.ナモナキヒト 8.命にふさわしい 9.ムカデ 10.月が綺麗 11.吐きそうだ 12.しらふ 13.僕が死のうと思ったの…
amazarashi/日本武道館

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする