コールドプレイ、来月にニュー・アルバムをリリースか。気になる内容は「より実験的な」作品に?

コールドプレイ、来月にニュー・アルバムをリリースか。気になる内容は「より実験的な」作品に?

コールドプレイが、ニュー・アルバムを11月にリリースするのではないかと海外メディアが報じている。

「Daily Star」の記事を報じた「Radio X」によると、コールドプレイは2015年にリリースした『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』以来となる新作を11月にリリースする予定で、同作はより実験的なサウンドになるという。

情報筋が「Daily Star」に語ったところによると、11月にバンドは実験的なアルバムを発表した後、2020年にメインストリーム色が強いアルバムをリリースし、その後ワールド・ツアーを始めるのではないかとのことだ。

さらに情報筋は、「最初のアルバムはコールドプレイの実験的な側面を打ち出した作品となり、次のアルバムがリリースされる2020年まで、おそらくツアーはやらないでしょう」とも語っていたそうだ。


なお、2018年末に発表されたバンドのドキュメンタリー映画『コールドプレイ:ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』を手掛けたマット・ホワイトクロス監督は、2020年にコールドプレイが新作のリリースを計画していることを次のように語っていたという。

現時点でメンバーは休暇を取っているから、1年はガッツリ休むだろう。今までになかったことだ。クリスは仕事に夢中だからワーカホリックと呼べるかどうか分からないが、スタジオに出入りして1日に3~4曲書いてるよ。今年メンバーは休みを取ることに決めたから、私が知る限りは何もしていないが来年には計画がある。そのプランに私は関わっていないがね。

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする