中村一義、10枚目のアルバムは『十』。「もう一度デビューアルバムを作っているよう」

中村一義、10枚目のアルバムは『十』。「もう一度デビューアルバムを作っているよう」
中村一義が、2020年2月5日(水)に自身10枚目のオリジナルアルバム『十』(読み:じゅう)を発売する。同時にYouTubeにて中村一義チャンネルも開設された。

これは、昨日10月10日22:10より行われた自身初のYouTubeスタジオライブ「愛にしたわ。〜中村一義 アコースティックスタジオライブ@ビクタースタジオ〜」生配信内で発表されたもの。同作は、文字通り「10」でもあり、「自由」でもあり、「すべて(十分)」でもあり、また十字架の象徴の「死」、「永遠の生命」でもあり、斜めにすると「バツ」でもある、様々な意味合いを想像させる作品だという。リリース日の2月5日(水)にも、「2×5=10」という遊び心が隠されており、同時に公開されたティザーアーティスト写真も、愛犬ゴンとの散歩中に「十」のポーズをとった1枚となっている。

同作には、今回のスタジオライブのタイトルでもあり、アコースティックで初披露された“愛にしたわ。”、先行配信中の“叶しみの道(acoustic DEMO [RX-78 Prototype])”のロックバージョンを含め全10曲が収録される。ジャケット写真、収録曲名、商品形態、価格などの詳細は、中村一義のコンセプトサイト「:KIKA:GAKU:」などで順次発表予定。

同時に発表されたYouTubeの中村一義チャンネルでは、1997年のデビュー以来今日まで、中村一義・100s名義で発表されたミュージックビデオがフルサイズで、レーベルの垣根を越えて順次公開されていく予定とのこと。

なお、12月20日(金)には東京・Veats Shibuyaにて、「中村一義 BAND LIVE 2019 『十世界』」の開催も決定している。


【中村一義 コメント】
いよいよ、僕の十枚目のオリジナルアルバム「十」のリリースが発表されました。
10枚目で「十」なので、「企画なの?」って思われる方もいるかと思いますが、自分の中ではもう一度デビューアルバムを作っているようでいて、再誕的な全くのオリジナルアルバムになっていると思っています。そして何より今回は、デビューアルバム「金字塔」制作時と同様に全ての楽器を僕一人でプレイして録音する手法をとっています。
なので、えっらい時間がかかりましたが、ようやく皆様にリリースの発表をできたことを本当に嬉しく思っています!
それでは、皆様、僕のもう一枚のデビューアルバム「十」の発売をもう少し、お待ちくださいね!

中村一義



公式SNSアカウントをフォローする
フォローする