トレント・レズナー&アッティカス・ロス、NINの曲をサンプリングした“Old Town Road”でCMAアワードを受賞

トレント・レズナー&アッティカス・ロス、NINの曲をサンプリングした“Old Town Road”でCMAアワードを受賞

ナイン・インチ・ネイルズの“34 Ghosts IV”がサンプリングされたリル・ナズ・X“Old Town Road”で、トレント・レズナーとアッティカス・ロスがCMAアワード(カントリー・ミュージック協会賞)を受賞したことが明らかとなった。

Consequence of Sound」によると、現地時間11月13日に開催された第53回CMAアワードにて、トレントとアッティカスが“Old Town Road”でMusical Event of the Yearに輝いたという。

同賞にはブレイク・シェルトンやマレン・モリス、ガース・ブルックスらがノミネートされていたが、それらの候補を退け、トレントとアッティカス、そしてリル・ナズ・Xと同楽曲にフィーチャリング参加したビリー・レイ・サイラスらが受賞したそうだ。

なお、トレントはInstagramに自身とアッティカスがカウボーイ・ハットを被って映っているように見える加工写真をアップし、「ありがとう。#CMAアウォード」と感謝のコメントを添えている。


以前「Rolling Stone」のインタビューで、トレントは“Old Town Road”に“34 Ghosts IV”がサンプリングされたことについて、「疑う余地がないほどキャッチーな曲で、脳裏に焼き付いた」とコメントしていた


なお、トレントとアッティカスは米ケーブル局HBOの新作ドラマ『Watchmen(原題)』の音楽を手掛けており、同ドラマのサントラを3部作でリリースする予定だ。すでに第1弾は11月4日に発売され、第2弾は11月25日、そして第3弾は12月16日にそれぞれリリースされるという。
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする