オフスプリング、2012年以来となる新ALは年内に完成か。ヌードルズが「来年初めにはリリースしたい」とコメント

オフスプリング、2012年以来となる新ALは年内に完成か。ヌードルズが「来年初めにはリリースしたい」とコメント

オフスプリングのギタリスト、ヌードルズが最新インタビューで2012年の『デイズ・ゴー・バイ』に続くニュー・アルバムのリリース時期について言及していたそうだ。

「Halifax Today」のインタビューを報じた「Kerrang!」によると、ヌードルズは新作について次のように語っていたという。

アートワークを完成させる必要があるけど、大まかなトラックリストは出来てる。あれから俺たちはさらに音楽を手に入れてるし、あとは配給契約が必要なだけだ。年末までにはニュー・アルバムを仕上げたいね。そしたら来年の初めにはリリースできるから。


なお、今年上旬に「Kerrang!」のインタビューでフロントマンのデクスター・ホーランドは、ニュー・アルバムは昔のオフスプリングを彷彿とさせると明かしていたとのことだ。

俺たちの昔のアルバムみたいだよ! そう言うべきだよね? どう表現していいのか分からないし、まあパンク・ロックだ。

だけど、普通ファンが予想しないような曲もいくつか投入してる。新作には速い曲がたくさん入ってるし、マジで俺たちから期待できないようなのも数曲あるよ。だけど、アルバムにはメチャクチャ満足してる。


オフスプリングは、2020年3月29日(日)に幕張メッセで開催される「Download Japan 2020」に出演することが決定している

今年1月に開催されたオフスプリングによる6年ぶりのヘッドラインツアーのライブレポートは以下。

オフスプリング、6年ぶりのヘッドラインツアー最終公演を観た! 名曲の波状攻撃で元キッズも現役キッズも昇天させた濃密すぎるショウに感服
ヘッドラインツアーとしては約6年ぶりの来日公演が決まったオフスプリング。大阪、名古屋、東京は豊洲PIT2デイズと合計4公演が行われ、その最終日に足を運んだ。 今回は各地で日本のバンドをサポートアクトを迎え、この日はCOUNTRY YARDが出演。「音楽で世界を変えに来た!」とKeis…
オフスプリング、6年ぶりのヘッドラインツアー最終公演を観た! 名曲の波状攻撃で元キッズも現役キッズも昇天させた濃密すぎるショウに感服
公式SNSアカウントをフォローする
フォローする