セックス・ピストルズのスティーブ・ジョーンズ、数ヶ月前に心臓発作を起こしていたことが判明。「回復の過程は大変だった」

セックス・ピストルズのスティーブ・ジョーンズ、数ヶ月前に心臓発作を起こしていたことが判明。「回復の過程は大変だった」

セックス・ピストルズのギタリスト、スティーブ・ジョーンズが数ヶ月前に心臓発作を起こしていたことがわかった。

Ultimate Classic Rock」によると、米ロサンゼルスのラジオ局「95.5 KLOS」の番組「Jonesy's Jukebox」に出演したスティーブは、心臓発作を起こした時のことを振り返っていたという。

最初に体調がおかしくなったのは今年8月だったと語ったスティーブは、友人と一緒にマリブへ出かけた時に顔の筋肉に異変を感じ、 脳卒中を起こしたのではないかと心配になったとのこと。すぐにSt John's病院へ向かい診断を受けたところ、顔面神経麻痺を起こしていることがわかったそうだ。

また、その3週間後、胸の痛みを感じたスティーブは夜中に地元の病院を訪れ、最終的には緊急で心臓手術を受けることになったという。スティーブは「要は心臓発作を起こしたんだ。(血栓で)90パーセント(血管が)閉塞してたと聞かされたよ」とコメントしていたとのこと。

それ以来、スティーブは回復しつつあるが、その過程は大変だったようで「8か9種類もの薬を飲まなくちゃならなくて、めまいがしたり気がおかしくなって妙な反応を起こしちまうんだ」と語っていたそうだ。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする