【第62回グラミー賞】イギー・ポップ、パブリック・エナミー、シカゴらが「特別功労賞生涯業績賞」を受賞することに

【第62回グラミー賞】イギー・ポップ、パブリック・エナミー、シカゴらが「特別功労賞生涯業績賞」を受賞することに

日本時間2020年1月27日(月)に授賞式が開催される第62回グラミー賞だが、イギー・ポップパブリック・エナミーらが「特別功労賞生涯業績賞」に選出されたことが明らかとなった。

同賞は、生涯において音楽業界に創造的な貢献をしたアーティストなどに贈られるもので、「Consequence of Sound」によると、グラミー賞を主催するレコーディング・アカデミーが発表した今年度の「特別功労賞生涯業績賞」を受賞するアーティストは以下。

イギー・ポップ
パブリック・エナミー
シカゴ
アイザック・ヘイズ
ロバータ・フラック
ジョン・プライン
シスター・ロゼッタ・サープ


また、レコーディング・アカデミーはフィリップ・グラスとKen Ehrlich、Frank Walkerに「特別功労賞理事会賞」を、さらに「特別功労賞技術賞」にGeorge Augspurgerが選ばれたことも発表している。


なお、「特別功労賞生涯業績賞」の授賞式は現地時間2020年4月18日、米ロサンゼルスのPasadena Civic Auditoriumにて開催される予定だ。

第62回グラミー賞は、8部門で最多ノミネートとなったリゾの他、ビリー・アイリッシュとリル・ナズ・Xが6部門で候補となり、ビリーにおいては主要4部門にノミネートされた史上最年少アーティストとなっている
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする