ラスベガス、Kei生前最後に撮影した“The Gong of Knockout”MV公開。ツアー最終ゲストも発表

Fear, and Loathing in Las Vegasが、昨年12月に発売した6thフルアルバム『HYPERTOUGHNESS』より“The Gong of Knockout”のミュージックビデオを公開した。


同MVは、バンドの演奏と覆面レスラーによるプロレスで構成されており、昨年1月に急逝したベーシストKeiも参加している。これはKeiが生前、最後に撮影したMVとのこと。

また、1月17日(金)よりスタートする「“HYPERTOUGHNESS” Release Tour 2020」の最終ゲストも解禁された。今回の発表で、2月21日(金)の新潟 LOTSにBLUE ENCOUNT、2月28日(金)の福岡 BEAT STATIONと29日(土)の大分 T.O.P.S BittsHALLにGARI、3月7日(土)の広島 BLUE LIVE HIROSHIMAにフレデリックの出演が決定した。

ベーシスト・Keiの急逝から約1年、Fear, and Loathing in Las Vegasは『HYPERTOUGHNESS』という驚異の新境地になぜ到達できたのか?
2018年に新編成となり、結成10周年イヤーである2019年に突入したところで飛び込んできたベーシスト・Keiの急逝――と、今作についてはどうしても悲しい書き出しになってしまうのだけれど、12月4日にリリースされた新アルバム『HYPERTOUGHNESS』をもう聴いた人はおわかりだろう。ぶっ飛…
ベーシスト・Keiの急逝から約1年、Fear, and Loathing in Las Vegasは『HYPERTOUGHNESS』という驚異の新境地になぜ到達できたのか? - 『HYPERTOUGHNESS』発売中

公式SNSアカウントをフォローする
フォローする