RADWIMPSの野田洋次郎、3/30スタートのNHK連続テレビ小説『エール』出演決定

RADWIMPSの野田洋次郎(Vo・G・Piano)が、3月30日(月)放送開始のNHK連続テレビ小説『エール』に出演する。


同ドラマは、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)と妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)をモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語を描いた作品となっている。野田が出演するのは東京編で、コロンブスレコードの作曲家・木枯正人(こがらしまさと)を演じる。野田が連続テレビ小説に出演するのは、これが初めてとなる。


【野田洋次郎 コメント】
かつて日本の音楽の礎を築いた方々の人生を、少しながら追体験させてもらえる機会を頂き嬉しく思います。
古山裕一、関内音、そしてその周りで瑞々しく生きる人々みんながとにかく愛しいです。きっと観てくださる皆さんの毎日に、素敵な彩りを加えてくれることと思います。ぜひ裕一、音たちと一緒に泣いたり笑ったりしてください。そして流れてくるたくさんの素晴らしい曲たちに、身をあずけてみてください。


公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする