フィオナ・アップル、亡き愛犬も「特別参加」した8年ぶりの新作『Fetch The Bolt Cutters』をリリース

フィオナ・アップル、亡き愛犬も「特別参加」した8年ぶりの新作『Fetch The Bolt Cutters』をリリース

シンガー・ソングライターのフィオナ・アップルが、グラミー賞にもノミネートされた前作『アイドラー・ホイール』から8年間の沈黙を破り、通算5作目となるニューアルバム『Fetch The Bolt Cutters』を4月17日にデジタル配信にてリリースした。

前作の発売以来、表立った活動をしてこなかったフィオナ・アップルだが、4月2日に非公式のファンサイトにて新作のリリースを突如発表。タイトルである『Fetch The Bolt Cutters』とは、イギリスのTVシリーズ『The FALL 警視ステラ・ギブソン』に登場する、性犯罪を取り締まる警察官のセリフから着想を得たとのことだ。「声を上げることを恐れないで」という気持ちを込めたと、The New Yorkerの独占インタビューで語っている。

また同作は、ジャケット写真にも使われている愛犬ジャネットの遺骨さえも楽器として使用し、自然な形での音作りにこだわりながら制作されたそうだ。

フィオナ・アップル、亡き愛犬も「特別参加」した8年ぶりの新作『Fetch The Bolt Cutters』をリリース - 『Fetch The Bolt Cutters』ジャケット『Fetch The Bolt Cutters』ジャケット

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする