クイーンやザ・ビートルズなど、Spotifyで懐メロが再燃。新型コロナウイルス感染拡大を受けて人々が癒やしを求める傾向に

クイーンやザ・ビートルズなど、Spotifyで懐メロが再燃。新型コロナウイルス感染拡大を受けて人々が癒やしを求める傾向に - pic by Helen Maybankspic by Helen Maybanks

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、人々の自宅で過ごす時間が増えているなか、Spotifyのユーザーの一部が音楽に「懐かしさ」を求めているらしいことが同ストリーミングサービスの聴取データより明らかとなった。

4月1日から7日にわたり集計されたSpotifyのデータによると、昔を思い出す曲を集めたプレイリストを作成するリスナーが54%増加。また50年代、60年代、70年代、80年代の音楽の再生回数が増えていることもわかったという。

困難な状況において、慣れ親しんだ音楽を聞くことで安らぎを得られる可能性があるのか、行動科学作家のDavid DiSalvoは「可能性はある」と回答。「懐かしい感情は、私たちにとってシンプルかつ、コントロールできていた生活を思い起こさせるのです」とコメントした。

そんななか、懐かしい時代を象徴するアーティストのひとりであるシンディ・ローパーが、NYの自宅から彼女なりの考えを語った。

「アーティストはみんな、自分たちの音楽が、癒しや、喜び、インスピレーションを与えることを望んでいます。私たちは、リスナーと繋がったり、自分のことだと共感できるストーリーを伝えたり、泣いたり、笑ったり、踊ったり、そして喜びや癒しを感じてもらうために音楽に取り組んでいます。私自身もある曲を聞くと、特定の瞬間に舞い戻ることができます。他の人たちと同じように私にも人生のサウンドトラックがあります。ブロードウェイのキャストが収録した“The King and I”や“Funny Girl”を聞くと5歳に戻り、自分自身の声や音楽への愛を思い出すのです」


さらにシンディ・ローパーは、外出自粛についてもコメント。「食べ過ぎているし、十分に運動もしていない。以前と同じとまではいかないけれどボイストレーニングは欠かさず、パーソナルトレーニングも行なっています。友人と連絡を取り合い、州知事に従って、ウイルスの拡大を食いとめるために自分たちが取るべき行動をとっています」と話した。

今回明らかとなった、再生回数が増加した懐メロの一部は以下。

とくに再生回数が増加した各年代別の楽曲
(4月1日から7日における再生回数と3月第1週の比較による)
1950 年代: ビリー・ホリデイ“Solitude” 74%増
1960 年代: ザ・ビーチ・ボーイズ“In My Room” 44%増
1970 年代: バーブラ・ストライサンド“The Way We Were” 47%増
1980 年代: Yazz“The Only Way Is Up” 56%増
1990 年代: スヌープ・ドッグ, 2パック“Me and My Homies” 61%増
2000 年代: パニック!アット・ザ・ディスコ“New Perspective” 93%増

最もユーザーのプレイリストに追加された各年代別の楽曲
1950 年代: エルヴィス・プレスリー“Jailhouse Rock”
1960 年代: エタ・ジェイムズ“At Last”
1970 年代: ビル・ウィザース“Ain’t No Sunshine”
1980 年代: アーハ“Take on Me”
1990 年代: ルー・ベガ“Mambo No. 5 (a Little Bit of...)”
2000 年代: ブラック・アイド・ピーズ“I Gotta Feeling”
2010 年代: Don Omar, Lucenzo“Danza Kuduro”

世界のリスナーに期間中最も再生された年代別楽曲
1950年代:
ポール・アンカ“Put Your Head on My Shoulder”
チャック・ベリー“Johnny B. Goode”
ジョニー・キャッシュ“I Walk the Line”
・エラ・フィッツジェラルド, ルイ・アームストロング“Dream A Little Dream Of Me”

1960年代:
ザ・ビートルズ“Here Comes the Sun”
ニーナ・シモン“Feeling Good”
・サム・クック“(What A) Wonderful World”
マーヴィン・ゲイ, Tammi Terrell“Ain’t No Mountain High Enough”
・クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル“Fortunate Son”
・ヴァン・モリソン“Brown Eyed Girl”
ダスティ・スプリングフィールド“Son Of A Preacher Man”

1970年代:
クイーン“Don’t Stop Me Now”
イーグルス“Hotel California - 2013 Remaster”
・レーナード・スキナード“Sweet Home Alabama”
フリートウッド・マック“Dreams - 2004 Remaster”

1980年代:
AC/DC“Back in Black”
デヴィッド・ボウイ, クイーン“Under Pressure - Remastered”
ボン・ジョヴィ“Livin’ On A Prayer”
ユーリズミックス“Sweet Dreams (Are Made of This) - Remastered”
ホイットニー・ヒューストン“Wanna Dance with Somebody (Who Loves Me)”
・シンディ・ローパー“Girls Just Want to Have Fun”

1990年代:
オアシス“Wonderwall - Remastered”
バックストリート・ボーイズ“I Want It That Way”
ニルヴァーナ“Smells Like Teen Spirit”
スパイス・ガールズ“Wannabe”
ブリトニー・スピアーズ“...Baby One More Time”
TLC“No Scrubs”

2000年代:
エミネム“Lose Yourself”
・トレイン“Hey, Soul Sister”
ザ・キラーズ“Mr. Brightside”
シャキーラ, ワイクリフ・ジョン“Hips Don’t Lie (feat. Wyclef Jean)”
ビヨンセ“Halo”
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする