ボブ・ディラン、8年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバムのリリースが決定! アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』の日本盤は7月中旬に発売予定

ボブ・ディラン、8年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバムのリリースが決定! アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』の日本盤は7月中旬に発売予定

ボブ・ディランのニュー・アルバムのリリースが決定した。

オリジナル楽曲によるニュー・アルバムとしては、2012年発表の『テンペスト』以来8年振りとなる同作のタイトルは、『ラフ&ロウディ・ウェイズ』。同作はスタジオ・アルバムとして39作目で、全10曲収録のCD2枚組、日本盤は7月中旬の発売を予定している(アメリカでは6月19日にCD発売とデジタル配信、LPは7月17日の予定)。

ボブ・ディラン、8年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバムのリリースが決定! アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』の日本盤は7月中旬に発売予定

アルバム・タイトルとなる『ラフ&ロウディ・ウェイズ』から想起されるのは、1960年にRCAが発表したジミー・ロジャースのアルバム『My Rough And Rowdy Ways』。デビュー前からジミー・ロジャースの歌をカバーしていたディランは、自らが設立したレーベルのエジプシャン・レコードから1997年にジミー・ロジャースの生誕100周年を記念したコンピレーションを発売した。

新曲“False Prophet”の配信開始!

また、同アルバムからの新曲“False Prophet”も本日配信を開始。タイトルの“偽預言者”はマタイによる福音書7章15-20節に登場し、「羊の衣を纏った強欲な狼である偽預言者に気を付けろ」との記述がある。

ボブ・ディラン、8年ぶりとなるオリジナル・ニュー・アルバムのリリースが決定! アルバム『ラフ&ロウディ・ウェイズ』の日本盤は7月中旬に発売予定

“False Prophet”の試聴はこちらから。


全10曲となる『ラフ&ロウディ・ウェイズ』は、2016年にノーベル文学賞受賞者になって以来、新曲を集めたアルバムとしては初めてになる。

公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする