ニール・ヤング、75年にレコーディングした未発表作『Homegrown』のリリース日が決定!

ニール・ヤング、75年にレコーディングした未発表作『Homegrown』のリリース日が決定!

昨年11月、75年にレコーディングした未発表作『Homegrown』を2020年にリリースすると発表していたニール・ヤングだが、そのリリース日が決定したことが明らかとなった。

Consequence of Sound」によると、ニール自身が「『ハーヴェスト』と『カムズ・ア・タイム』の橋渡しとなる未発表アルバム」と称する12曲入りの『Homegrown』は、現地時間6月19日(金)にリリースされるという。

『Homegrown』は1974年6月から1975年1月にかけてレコーディングされた。スタジオバンドのメンバーとしてリヴォン・ヘルム、ベン・キース、ティム・ドラモンド、ロビー・ロバートソン、 Karl T. Himmel、Stan Szelestがフィーチャーされ、エミルー・ハリスも参加しているとのこと。

12曲のうち、“Love Is A Rose”、“Homegrown”、“White Line”、“Little Wing”、“Star Of Bethlehem”は他のアルバムに収録されているが、スポークンワードの“Florida”と残りの6曲は今までにリリースされたことがない。

収録曲のひとつである“Try”は、以下で視聴できる。


以前にニールは、公式ウェブサイト「Neil Young Archives」で『Homegrown』について、「 レコードは失われた愛と冒険に満ちていて、何十年にもわたって隠されていた作品だ。かなり個人的な内容で、その当時の鮮度でさらけ出されるのは明らかだ」と紹介していた

『Homegrown』は全プラットフォームにて購入可能で、すでに先行予約(https://repriserecords.lnk.to/HomeGrown)の受付を開始しており、トラックリストは以下。

Tracklist:
01. Separate Ways
02. Try
03. Mexico
04. Love Is A Rose
05. Homegrown
06. Florida
07. Kansas
08. We Don’t Smoke It No More
09. White Line
10. Vacancy
11. Little Wing
12. Star of Bethlehem
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする