レディオヘッドのトム・ヨークがキュレートするラジオ番組の初プレイリスト25曲が公開! ジェイムス・ブレイク、ベン・ヴァイダなど

レディオヘッドのトム・ヨークがキュレートするラジオ番組の初プレイリスト25曲が公開! ジェイムス・ブレイク、ベン・ヴァイダなど

4月21日よりスタートした新デジタルラジオ・サービス「Sanos Radio」で、レディオヘッドトム・ヨークがキュレーターを務める番組が誕生したが、その初プレイリストが公開された。

Pitchfork」によると、トムがキュレートする24時間放送の番組『In the Absence of Thereof』について、トムは「永遠に続くコンピレーション」だと称しているとのこと。

公開されたプレイリストには、ジェイムス・ブレイクの“Don’t Miss It”やベン・ヴァイダの“Reducing the Tempo to Zero (Part 3)”、サラ・ダヴァチの“Waking”などがある。

以前にトムは『In the Absence of Thereof』について、以下のように説明していた。

俺を魅了して心を動かし、悩ませたり挑戦したくなったり、新しい扉を開いてくれたり、忘れかけていたことを思い出させてくれたり、信じられないぐらい複雑かつエレガント、シンプルで暴力的、そして乱雑で重く、かつ軽やかな曲を紹介する。基本的に俺がパンチを食らったトラックなら何でもね。新しい曲や古い曲、再び発掘した曲もある

「Sonos Radio」ではトムのほか、デヴィッド・バーンジャック・ホワイトが所有するレーベルのサード・マン・レコーズ、フィービー・ブリジャーズらがキュレーターを務める番組もあるとのこと

なお、今月上旬にトムは米トーク・バラエティ番組『The Tonight Show』に出演し、新曲の“Plasticine Figures”を披露していた

トムのプレイリストは以下。

01. Ben Vide — “Reducing the Tempo to Zero (Part 3)”
02. Alvin Lucier & Zeitkratzer — “Music for Piano with Magnetic Strings”
03. Stine Janvin — “Like Last Night”
04. Duke Ellington and His Orchestra — “La Plus Belle Africaine (Live at Cote D’Azur, France)”
05. Ursula Bogner — “Uranotypie”
06. Sarah Davachi — “Waking”
07. Louis Thomas Hardin — “See the Mighty Tree”
08. Rosa Balistreri — “Nta la vicaria (Canto di carcerato)”
09. Holly Herndon — “Fear, Uncertainty, Doubt”
10. Oneohtrix Point Never & Iggy Pop — “The Pure and the Damned”
11. Colin Stetson — “Charlie”
12. Bobby Wright — “Blood of an American”
13. Floating Points — “Requiem for CS70 and Strings”
14. Duke Ellington — “Ase’s Death”
15. Moondog — “Fantasia”
16. James Blake — “Don’t Miss It”
17. Tindersticks — “El Diablo En El Ojo”
18. Thee Oh Sees — “Toe Cutter – Thumb Buster”
19. Silent Servant — “24 Hours”
20. Kali Malone — “Sacrificial Code II”
21. Trallaleri of Genoa — “La Partenza (The Parting)”
22. Ursula Bogner — “Sonne = Blackbox”
23. Little Simz — “Offence”
24. Dolo Percussion — “DOLO 9”
25. Ian William Craig — “On the Reach of Explanations”
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする