ブラック・サバス、アルバム・デザインを活用して「Black Lives Matter」のTシャツを発売! きっかけはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ

ブラック・サバス、アルバム・デザインを活用して「Black Lives Matter」のTシャツを発売! きっかけはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロ - © Black Sabbath / Facebook© Black Sabbath / Facebook

ブラック・サバスが、1971年にリリースした『マスター・オブ・リアリティ』のアルバムジャケットに使用されたロゴデザインを活用し、「Black Lives Matter」を支援するTシャツの発売を開始する。

「Black Lives Matter」は黒人に対する暴力や差別の撤廃を訴える運動で、今年5月25日に無抵抗の黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警官に首を押さえつけられて死亡した事件をきっかけに、さらに全米で抗議運動が大きくなった。

Blabbermouth」によると、このTシャツを最初に制作して着たのはトムだという。

6月8日にトムが、『マスター・オブ・リアリティ』のロゴデザインを使った「Black Lives Matter」とプリントされたTシャツを着用し、その姿をインスタグラムに投稿。


そして、ブラック・サバスがこの写真にインスパイアされ、その約1週間後にTシャツを制作して販売開始することを発表した。

限定バージョンとなる同Tシャツの価格は25ドル(約2700円)で、全ての収益が「Black Lives Matter」を支援する団体「BLACK LIVES MATTER GLOBAL NETWORK FOUNDATION, INC」に寄付される。

このTシャツはブラック・サバスの公式サイト(https://blacksabbathapparelshop.com/products/black-lives-matter-t-shirt?variant=32403498696794)にて先行予約が可能で、現地時間7月14日頃に配送開始される予定。海外へも配送可能だ。
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする