「BBC Sound of 2020」ノミネートの20歳の注目新人SSW、ビーバドゥービーがデビューALからの1stシングル“Care”をリリース!

「BBC Sound of 2020」ノミネートの20歳の注目新人SSW、ビーバドゥービーがデビューALからの1stシングル“Care”をリリース!

BBCが選ぶ期待の新人「Sound of 2020」にノミネートされた20歳の注目女性SSW、ビーバドゥービーがデビュー・アルバム『Fake It Flowers』 からの1stシングル“Care”をリリースした。


フィリピンのイロイロ市で生まれ3歳でロンドンに移住、17歳で中古のギターを手に入れ独学でギターを学んだビーバドゥービーはThe 1975ペール・ウェーヴスウルフ・アリス等が所属する気鋭レーベル・Dirty Hitと契約。

今までに計4枚のEPをリリースしデビュー・アルバムを前にNME「Radar Award(新人賞)」を受賞し、UKとUSのツアー敢行すると今年にはThe 1975のUKアリーナ・ツアーのサポートアクトを務めた。 昨年からバイラル・ヒットとなっているPowfuのシングル“death bed”にフィーチャーされ、米Billboard「Hot Rock Song」チャート1位を獲得、TikTokで41億回、Spotifyで5億回の再生を記録している。

なお、9月に開催される「SUPERSONIC」への出演も決定している
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする