ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える新曲“ターンテーブルス”を発表!

  • ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える新曲“ターンテーブルス”を発表!
  • ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える新曲“ターンテーブルス”を発表!
  • ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える新曲“ターンテーブルス”を発表!
  • ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える新曲“ターンテーブルス”を発表!

パフォーマー、プロデューサー、俳優、そして活動家としても知られるシンガー・ソングライターのジャネール・モネイが新曲“ターンテーブルス”を発表した。グラミー賞にノミネートされたサード・アルバム『ダーティー・コンピューター』以来初の新曲となり、ジャネール・モネイ本人、Nathaniel Irvin III、George Aが作曲作詞を務めている。

同曲は、オスカー賞ノミネート及びエミー賞受賞のリズ・ガーバスと、オスカー賞及びエミー賞ノミネートのリサ・コルテスが監督を務めた、2020年アメリカ大統領選挙における有権者抑圧の問題を考察するAmazon Studiosドキュメンタリー『All In: The Fight For Democracy(民主主義のための戦い)』のために制作されている。


公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする