King Gnu、11月よりアリーナツアー開催。日本武道館を含む東名阪4会場8公演

King Gnu、11月よりアリーナツアー開催。日本武道館を含む東名阪4会場8公演
King Gnuが、11月7日(土)から12月2日(水)にかけて、東京・大阪・名古屋の4会場8公演となるアリーナツアー「King Gnu Live Tour 2020 AW “CEREMONY”」を開催する。

同ツアーは、政府・行政の指針・ガイドライン・入場者数の制限などを注視しながら、メンバー、スタッフ一同、協議を重ね続けてきた結果、開催が決定したとのこと。2月末から4月にかけて予定されていた「King Gnu Live Tour 2020“CEREMONY”」は新型コロナウィルスの影響により中止となっていた。なお、これがKing Gnuにとって初のアリーナツアーとなる。

チケット販売情報などの詳細は後日改めて発表される。また、地域やキャパシティなどの関係上、直接会場へ足を運べない人のために、配信ライブなどの実施も予定されているとのこと。詳細はオフィシャルサイトにて。


【常田大希(G・Vo) コメント】
COVID-19の影響で、予定されていたツアーが全公演中止という、前代未聞の事態に襲われた2020年。
今、尚辛抱強く耐え忍んでいる音楽業界ですが、我々はゆっくりとでも歯車を回し出さなければいけません。
現段階の国の要請に従って大幅に収容人数を減らし、尚且つできる限りの対策を以っての開催となるこのツアーは、
後にも先にも無い、今この時代の空気を纏ったツアーになることでしょう。

【勢喜遊(Dr・Sampler) コメント】
いろいろあるけれど、結局のところいつも通り最高のパフォーマンスを届けるのみ。以上!!

【新井和輝(B) コメント】
やっぱりLiveがやりたい、という一心でスタッフ、メンバー一同で動き続け、こうした形に落ち着くこととなりました。
こんな時期だけど、こんな時期だからこそ残るものがあると信じて突き進みます。
みんなでケアをして、最高な祭りにしよう。

【井口理(Vo・Key) コメント】
今の状況下、King Gnuに限らず沢山のアーティストが難しい決断を迫られてきました。
これが正解か間違いかは誰にもわかりませんが、細心の注意を払った上で、一歩踏み出すことを決断しました。
いつかまた「あの頃」以上の熱狂をみなさんとつくっていける日を夢見て、今出来る限りのLiveをしたいと思います。
優先受付できなかったお客さん、規模縮小で入れないお客さん、今回ばかりはごめん!またいつか必ず最高の場でお会いしましょう!!



【JAPAN最新号】King Gnuの凄まじいパワーと精度は配信でも届いた! 初の有料配信ライブ「King Gnu Streaming Live」徹底レポート
現在発売中の『ROCKIN'ON JAPAN』11月号に、King Gnuが8月30日に行った初の有料配信ライブのレポートを掲載! 凄まじいパワーと精度は配信でも届いた! 初の有料配信ライブ「King Gnu Streaming Live」徹底レポート 文=小川智宏 撮影=Kos…
【JAPAN最新号】King Gnuの凄まじいパワーと精度は配信でも届いた! 初の有料配信ライブ「King Gnu Streaming Live」徹底レポート
JAPAN最新号 表紙はBUMP OF CHICKEN!別冊LiSA。ユニゾン/MONOEYES/クリープハイプ/Ken Yokoyama/アジカンなど
2020年9月30日(水)に発売する『ROCKIN’ON JAPAN』2020年11月号の表紙とラインナップを公開しました。今月号の表紙巻頭は、BUMP OF CHICKENです。 そのほかラインナップは以下のとおり。 ●BUMP OF CHICKEN ツアー「aurora …
JAPAN最新号 表紙はBUMP OF CHICKEN!別冊LiSA。ユニゾン/MONOEYES/クリープハイプ/Ken Yokoyama/アジカンなど - 『ROCKIN'ON JAPAN』2020年11月号
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする