フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も

  • フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も
  • フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も
  • フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も
  • フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も
  • フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も
  • フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も

フィーバー333とグランドサンそれぞれがカバーしたリンキン・パークの楽曲が、Spotifyのオリジナル・プログラム「Spotify Singles」で配信がスタート。

今回『ハイブリッド・セオリー』発売20周年を記念して制作されたものであり、フィーバー333は“イン・ジ・エンド ”、グランドサンは“ワン・ステップ・クローサー”をカバーしている。

ジェイソンはリンキン・パークについて以下のようにコメントしている。

「忘れもしない、LAのウェストチェスター高校で朝階段を降りて教室に向かっている途中で、ホームページを作っている友達が『リンキン・パークっていう最高の新人バンドを見つけたんだ』って話しかけてきて。“イン・ジ・エンド”はラップとロックが共存できるって確信を持てるようになった曲だ。俺はそこからリンキン・パークにラップとロックの融合を学んで、それを念頭に独自の音楽を作った。14才の自分に伝えたいよ、いつかマイク・シノダから俺の音楽が好きだってダイレクト・メールを貰う日が来るってね。それどころかマイクが、俺と一緒に音楽を作るために彼の才能とエネルギーをシェアすることを提案してくれることになるって。14才の自分は信じないだろうな。35才の俺でもいまだに信じられないから。」


また、リンキン・パークのマイク・シノダとフィーバー333のジェイソン・エイロン・バトラー、グランドサンの3人は、このカバー・シングルの配信を記念してTwitchで対談を行った。
https://www.twitch.tv/videos/784727675

なお、フィーバー333は新作EP『ローング・ジェネレーション』のデジタル・リリースに合わせ、世界各地に向けてのバーチャル・ライブ・ツアーを開催している。

グランドサンは、マイク・シノダが共同プロデュースで参加している“アイデンティティー”、“リップタイド”を収録したデビュー・フル・アルバム『デス・オブ・アン・オプティミスト』を12月4日にリリースする予定だ。




『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


フィーバー333&グランドサン、リンキン・パークの名曲をカバー。マイク・シノダとの対談も
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする