フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、英ヘンリー王子に平手打ちされたできごとを回顧。「正直、ムカついた」

フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、英ヘンリー王子に平手打ちされたできごとを回顧。「正直、ムカついた」

フー・ファイターズのテイラー・ホーキンスが、最新インタビューで2015年に英ヘンリー王子に平手打ちされた思い出を振り返り、「正直、ムカついた」と明かしている。

2015年にバンドがヨーロッパをツアーしていたなか、デイヴ・グロールが脚を骨折。デイヴがロンドンの病院に入院したときに、英ヘンリー王子がお見舞いに来てくれたのだという。

その場に居合わせたテイラーは酷い時差ボケで苦しんでおり、そのことを王子に伝えると、いきなり「目を覚ませ」と言わんばかりに顔を平手打ちされたそうだ。

Blabbermouth」によると、SiriusXMの番組『The Howard Stern Show』に最近出演したテイラーが、ヘンリー王子に平手打ちを食らったできごとを次のように振り返っている。

「正直、ムカついたよ。ヘンリーが側近を連れて入って来て、『調子はどうだい?』って訊いてきたから、『目が覚めないんだ。すごく疲れてるけど演奏しなくちゃいけない。でも目が覚めないんだよ』って答えたら、ビンタしてきたんだ。それで俺が『なんだよ』って言うと、ヘンリーに『これで目が覚めた?』とか言ってきてさ。つまり、俺は王子に顔を平手打ちされた訳だ。振り返ってみたら問題ないと思えるけど、でもその時は『お前、俺をビンタしやがったな』って感じだったな」


なお、2017年にBBCのインタビューで同じ話題について語った際、テイラーは「頑張って我慢したよ」とコメントしていた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


フー・ファイターズのテイラー・ホーキンス、英ヘンリー王子に平手打ちされたできごとを回顧。「正直、ムカついた」 - 『rockin'on』2021年3月号『rockin'on』2021年3月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする