ジョン・ボン・ジョヴィ、無名時代にミック・ジャガーと遭遇し、バンドメンバーのフリをさせられた思い出を語る

ジョン・ボン・ジョヴィ、無名時代にミック・ジャガーと遭遇し、バンドメンバーのフリをさせられた思い出を語る

ジョン・ボン・ジョヴィが無名だった80年代にザ・ローリング・ストーンズと遭遇し、ミック・ジャガーにバンドメンバーのフリをさせられた思い出話を披露した。

Ultimate Classic Rock」によると、ポッドキャスト番組『Rockonteurs』に出演したジョンが、80年代に彼の従兄弟が経営するニューヨークのレコーディング・スタジオPower Stationで、バイトをしていた当時を振り返った。

バイトの傍ら、週末や深夜を利用してスタジオで音楽を制作し、バンドのリハーサルをしていたジョンは、時折音楽業界の大物と遭遇することがあったそうで、ミック・ジャガーとのエピソードを語っている。

「誰も僕が見たものを信じないんだけどさ、僕がタクシーから降りて運転手に払う小銭を数えていたら……ストーンズが車から降りて来たんだ! ストーンズだよ!」


すると、スタジオに入ろうとしていたバンドをパパラッチが囲んで写真を撮り始めたため、ジョンと仲間がカメラマンを追い払おうとしたのだという。

「フォトグラファーは、『ミック、ミック、ミック、ミック。写真を撮らせて!』って叫んでいた。誓って本当なんだけど、(ミックが)僕や周りのキッズたちを捕まえて、『これが俺の新しいバンドだ』って言って、一緒に写真を撮ったんだ」


ジョンは、その写真を撮影したカメラマンを探し出そうとしたが、現像した写真を目にすることはなかったとのこと。だが、「その写真は存在するよ」と付け加えていたそうだ。



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ジョン・ボン・ジョヴィ、無名時代にミック・ジャガーと遭遇し、バンドメンバーのフリをさせられた思い出を語る - 『rockin'on』2021年4月号『rockin'on』2021年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする