ノエル・ギャラガー、弟リアムとケンカをして解散に至った2009年のライブに出演しなかったことを後悔

ノエル・ギャラガー、弟リアムとケンカをして解散に至った2009年のライブに出演しなかったことを後悔

ノエル・ギャラガーが、弟リアム・ギャラガーとケンカをし、その後の解散に至るきっかけともなった2009年のライブに出演しなかったことを後悔していると明かしている。

オアシスは、2009年8月28日にパリで開催されたフェスティバル「Rock En Seine」に出演するはずだった。だが、ステージに上がる前にノエルとリアムがバックステージで激しい口論になり、「これ以上、リアムとはバンドを続けられない」と思ったノエルが出演を拒否してバンドを脱退。その後、オアシスは事実上の解散となった。

「Daily Star」のインタビューを報じた「SPIN」によると、そのライブに出演していたらよかったとノエルが胸の内を語っている。

「俺たちはケンカをして腹を立ててたし、俺は『クソ食らえだ。俺は家へ帰る。ファック・オフ!』って言ったんだ。だけど時間が経つにつれて、ライブに残って、記念碑的でマッドなものになっていたかもしれないオアシスのギグをやった方がよかったのかどうか、わからなくなってくる。だって、たしかに体を張ったケンカじゃなかったかもしれないが、俺たちの口論はステージでも続いてただろうしね。きっと、マッドなギグになったんじゃないかな」


続けてノエルは、「Rock En Seine」のライブの記憶があったらよかったのにとコメントし、ライブ前にリアムのアパレル・ブランド:プリティーグリーンのことでケンカになったことも明かした。

「俺はオアシスに満足してなかったし、リアムにも不満だった。俺は、弟が奴のアパレルをオアシスのファンに押し付けるのは正しいと思わなかったし、そのことで大喧嘩になった。それから、(バンドに対する気持ちが)ゆっくりと下り坂になっていったのさ」


それ以来、長年にわたって確執が続いていると報じられていたギャラガー兄弟だが、今月半ばに2人が一緒に映画会社「Kosmic Kyte Ltd」を設立したことがニュースになっていた



『ロッキング・オン』最新号のご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


ノエル・ギャラガー、弟リアムとケンカをして解散に至った2009年のライブに出演しなかったことを後悔 - 『rockin'on』2021年4月号『rockin'on』2021年4月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする