【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/レニ

ロッキング・オン6月号では、「究極のギタリスト」を特集しています。そこでギタリスト特集とあわせて 、昨年の9月号に掲載したロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ドラマー」を43日にわたり、毎日1人ずつご紹介します。

「究極のロック・ドラマー」に選ばれたアーティストはこちら。

レニ(ザ・ストーン・ローゼズ)

【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/レニ

技術以上に人を惹きつける魅力を持つアイコンとしてのフロントマンに、それぞれまるで違う、しかし等しく強烈な個性のギター、ベース、ドラムによるフォー・ピース。それこそがザ・フーから連綿と続く最高のロック・バンドの条件。さらにホモソーシャルな繋がり、つまり「仲間とつるんでいる」感覚が光輝いていれば、もう文句無し。

そして、このふたつの観点からすれば、ザ・ストーン・ローゼズは完璧である。彼ら以上の黄金律は未だ現れていないとさえ断言したくなる。そんな奇跡のバンドにおいて、メンバー間の役割はもちろん4人が25%ずつ担っているものの、ミュージシャンとしての評価が最も高いのがレニだ。それこそ、ローゼズ加入前にあのザ・フーに勧誘されたという逸話が、彼がどれほどの怪物であるかを証明している。

では、彼のどこがスペシャルなのか。大きな要素のひとつは、ビートの多様性。ジャズ、R&B、フォーク、ファンクなど、多種多様なリズム・パターンを自在に操る彼のスタイルは、幼少期から日常的に両親が勤めるパブでジャム・セッションを重ねてきた生活の副産物だ。また一方で、どんなリズムを叩いていても必ずアップリフティングなフィーリングをもたらす、聴き手を無条件に楽しくさせてしまう独自のグルーヴ感は、天性のものだろう。

レニはそんな先天的、後天的な素養を掛け合わせたビート感覚を用いて、独自のサイケデリックかつユーフォリックなリズムをバンドにもたらした。そのリズムこそ、マッドチェスターであったと言うこともできるはず。

ジャンルを創るのは常に新しいリズムであり、新しいリズムを作るのは、特定の天才である。ただしレニの場合、その天賦の才を持ちながら、ライブの場においてそれを独善的に見せつけるようなことはしなかった。特にリユニオン後のライブにおいては、自由に暴れまわる他の3人を繋ぐ架け橋のような役割を果たしていた。それは、ローゼズに加入した理由として「バンドが信頼し合っていることが衝撃的だった」と語ったレニにとって、当然のことなのかもしれない。

それゆえ、無二の仲間たちと「つるむこと」が出来なくなった現状において彼のドラムが止まっていることもまた必然なのかもしれないが、それを受け入れるには、まだ時間がかかりそうだ。2曲残された新曲が完璧であるだけに、なおさら。(長瀬昇)



ロッキング・オンが選ぶ「究極のロック・ギタリスト」特集掲載号は、現在好評発売中。ご購入は、お近くの書店または以下のリンク先より。


【43日間、連続公開!】ロッキング・オンが選ぶ究極のロック・ドラマー43選/レニ - 『rockin'on』2021年6月号『rockin'on』2021年6月号
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする