ビリー・アイリッシュ、ブリトニー・スピアーズが悩まされている後見人制度についてコメント

ビリー・アイリッシュ、ブリトニー・スピアーズが悩まされている後見人制度についてコメント

ビリー・アイリッシュが、ブリトニー・スピアーズに関する後見人制度についてコメントしている。

2000年代に精神的な問題を抱えていたブリトニーの生活を管理するために、2008年に実父であるジェイミー・スピアーズが後見人となり、ブリトニーの私生活から財産などもすべて管理していたという。

しかし、父親がブリトニーの資産を流用していたことが明らかとなり、先月、ブリトニーが後見人制度の解除を求めて裁判所に訴えてニュースに。そして今月上旬、後見人制度から父親を解除するブリトニーの訴えが却下されたと報じられていた。

オーストラリア版「VOGUE」誌のインタビューを報じた「INDEPENDENT」によると、その後見人制度についてどう思うか質問されたビリーが答えている。

「多くの若い女性が経験したことは本当に酷いと思う。今でさえもね。私には私を騙すようなチームはいないけど、それって稀なことなんだよね。でも、頼れるチームが稀だなんて最悪だよ。

ただ自分は、たまたま善良なグループに囲まれてることに感謝しなくちゃいけないね……。私のことを利用しようともしないし、過去に他の人がやったようなこともしないしね」


なお、ビリーは7月30日(金)にニュー・アルバム『Happier Than Ever』をリリースする予定だ。



ビリー・アイリッシュが表紙の『ロッキング・オン』8月号は絶賛発売中です。ご購入はお近くの書店または以下のリンク先より。

ビリー・アイリッシュ、ブリトニー・スピアーズが悩まされている後見人制度についてコメント - 『rockin'on』2021年8月号『rockin'on』2021年8月号

公式SNSアカウントをフォローする
洋楽 人気記事

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする