元 [Alexandros]・庄村聡泰が制作総指揮を務める音楽集団「不楽足ル」、新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”が配信スタート

  • 元 [Alexandros]・庄村聡泰が制作総指揮を務める音楽集団「不楽足ル」、新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”が配信スタート
  • 元 [Alexandros]・庄村聡泰が制作総指揮を務める音楽集団「不楽足ル」、新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”が配信スタート - 『さめざめ泣く私、貪り喰らう形。』配信中

    『さめざめ泣く私、貪り喰らう形。』配信中

  • 元 [Alexandros]・庄村聡泰が制作総指揮を務める音楽集団「不楽足ル」、新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”が配信スタート
  • 元 [Alexandros]・庄村聡泰が制作総指揮を務める音楽集団「不楽足ル」、新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”が配信スタート - 『さめざめ泣く私、貪り喰らう形。』配信中
不楽足ルの新体制2曲目となる新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”の配信がスタートした。

不楽足ルは、 [Alexandros]の元メンバーである庄村聡泰が制作総指揮(プロデュース)を務める「過激な歌劇団」を自称する音楽集団で、2021年3月23日に“フラフラ、クラクラ。”“桜、咲くな。”の2曲を同時配信リリース。6月30日にリリースされた楽曲“五月雨た空、忘れ去られた歌。”は2022年9月3日〜9月16日に池袋シネマ・ロサで公開された映画『俺を早く死刑にしろ!』の主題歌として起用された。

メンバーは男性5名、女性1名から構成され、同調圧力や誹謗中傷が蔓延る監視社会、ディストピアめいた現世を「不楽に足る世」と捉え、それらに反旗を翻すべく強力な制作陣とともに他に類を見ない展開を画策中だという。団員はポカリスエットCMメインキャストやランウェイ出演者、俳優、元メンズアイドルなど多彩な経歴を持つメンバーで構成されている。

今回配信がスタートした新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”は、過激な歌詞と激しい展開で紡がれる、ストーリー性のある楽曲に仕上がっているという。

なお、不落足ルは12月31日(土)に下北沢CLUB Queで開催される「Que's COUNT DOWN 2023」に出演。当日はプロデューサーの庄村聡泰がドラムを叩くことがアナウンスされている。



元 [Alexandros]・庄村聡泰が制作総指揮を務める音楽集団「不楽足ル」、新曲“さめざめ泣く私、貪り喰らう形。”が配信スタート
公式SNSアカウントをフォローする

人気記事

フォローする