シンディ・ローパー、昨日のニコニコ動画生中継のアクセス数は13万を突破

シンディ・ローパー、昨日のニコニコ動画生中継のアクセス数は13万を突破 - 2011年作 『メンフィス・ブルース』2011年作 『メンフィス・ブルース』

昨日3月22日の大阪NHKホール公演で『メンフィス・ブルース・ジャパン・ツアー』を大盛況のうちに幕を閉じたシンディ・ローパー。同公演はシンディ本人の強い希望により、ニコニコ動画での生中継が実現したが、動画へのアクセス数は最終的に13万を突破したという。

昨日のシンディは、3月21日の公演でファンから贈られた日本の国旗をまとって登場。1曲目の“ジャスト・ユア・フール”の段階ではアクセス数は2万程度だった。“アーリー・イン・ザ・モーニング”の前には、このライブを観ている人たちに向けてメッセージを贈る。

「今回いろいろなことがあったけど、私にできることは音楽を聴いてもらってエネルギーを少しでも補給してもらうこと。みんなにとっては、今までで一番辛い1週間だったかもしれないけど、たぶんもうすぐいろいろうまくいくと思うから…お互いを想って頑張れば大丈夫…」

ライブ途中には、「笑いのセンスが一番なのは大阪なんだよね。わたしはOKINOMIYAKIが好きなのに、うまく言えないの」と話すシンディに、キーボードのスティーヴが「“お好み焼き”だよ」と訂正する一幕も。“グーニーズ”では再び日本の国旗を羽織り、本編最後の“チェンジ・オブ・ハート”を終えると「ありがとう、オオサカ」と言ってシンディはステージを一度後にする。

アンコールの“ガールズ・ジャスト・ハブ・ファン”でシンディは客席に降り、オーディエンスとのコール・アンド・レスポンスを巻き起こしていく。“ドント・ワナ・クライ”では、このツアーに同行したゲストの日本人ブリューゲルホルン奏者TOKUを迎えて演奏。続く“シャイン”では「この曲は前向きな気持ちになれる曲。この曲がみんなを癒してくれるといいな」と話し、再び客席の中へ。

「今回の件は凄いショックを受けたけど『音楽の力』を感じて欲しかったから…。今夜みなさんのために特別な歌を歌います」と話し、ラストの“トゥルー・カラーズ”に。この曲の途中では、「私のオールド・ヒーローを登場させるわね」とジョン・レノンの“パワー・トゥー・ザ・ピープル”を歌い、シンガロングも起こっていた。そして再び“トゥルー・カラーズ”へ戻り、シンディは「おやすみなさい」と日本語で静かに語り、ステージを降りた。会場中からは「ありがとう、シンディ」という声が何度も届けられていた。
公式SNSアカウントをフォローする

最新ブログ

フォローする