5人目のビートルズと呼ばれるジョージ・マーティン、「“ラヴ・ミー・ドゥ”からジョンとポールの想像力が爆発しはじめた」と語る

5人目のビートルズと呼ばれるジョージ・マーティン、「“ラヴ・ミー・ドゥ”からジョンとポールの想像力が爆発しはじめた」と語る - 『ザ・ビートルズ1』『ザ・ビートルズ1』

9月2日にリリースされた『ザ・ビートルズ1』のリマスター盤がCDとダウンロードでリリースされ、国内のiTunesストアランキングのアルバム部門で発売以来1位を独走している。

5人目のビートルズとも呼ばれる音楽プロデューサー、ジョージ・マーティンは、ザ・ビートルズの1stシングル“ラヴ・ミー・ドゥ”について「レコード会社 (EMI)のスタッフを含めても誰も興味を示さなかった。努力の末、イギリスで20位に入ると、のちにアメリカで1位になった。そこから、ジョンとポールの想像力が爆発しはじめたのです」と同アルバムのCDブックレットで思い出を語っている。このブックレットは32ページのカラー・ブックレットで、日本盤を含む当時の各国のシングル盤のジャケット写真が収められている。

また、現在iTunesストアでは、『ザ・ビートルズ1』に収録されている楽曲から自分の好きな楽曲を選び、「#MyBeatles1」のハッシュタグをつけてツイートするというキャンペーン「MyBeatles1」が行われている。多数のアーティストもこのキャンペーンに参加しており、コールドプレイ(@coldplay)のウィル・チャンピオンは「“サムシング”。(ジョージ・)ハリスンがついに登場し、最高の曲を書いた」と語っている。また、レディ・アンテベラム(@ladyantebellum)は「友達と騒いだり喧嘩したりする暇なんてないことが分かってるのは、“恋を抱きしめよう”が私たちの#MyBeatles1だから」とツイートしている。このほかにも、iTunesストアで数々のアーティストのコメントが随時掲載されているとのこと。

現在、YouTubeでは2分50秒のアルバム・ハイライト映像も公開されている。視聴はこちらから。(→http://youtu.be/0hcEYOou0u4)


ザ・ビートルズ
アルバム
『ザ・ビートルズ 1』
9月2日発売
TOCP-71000 ¥2,600(税込)
EMIミュージック・ジャパン
32ページ・オリジナル・ブックレット、日本語ブックレット『ビートルズ小辞典』(全曲歌詞・対訳/最新楽曲解説/ヒストリー&記録)付
【収録曲】全英・全米No.1記録データ・( )内はNo.1獲得週
英・米No.1記録データ・( )内はNo.1獲得週
1. ラヴ・ミー・ドゥ / US 64年5月30日(1week)
2. フロム・ミー・トゥ・ユー / UK 63年5月2日(7weeks)
3. シー・ラヴズ・ユー / UK 63年9月12日(4weeks)/63年11月28日(2weeks) / US64年3月21日(2weeks)
4. 抱きしめたい / UK 63年12月12日(5weeks) / US 64年2月1日(7weeks)
5. キャント・バイ・ミー・ラヴ / UK 64年4月2日(3weeks) / US 64年4月4日(5weeks)
6. ア・ハード・デイズ・ナイト / UK 64年7月23日(3weeks) / US 64年8月1日(2weeks)
7. アイ・フィール・ファイン / UK 64年12月10日(5weeks) / US 64年12月26日(3weeks)
8. エイト・デイズ・ア・ウィーク / US 65年3月13日(2weeks)
9. 涙の乗車券 / UK 65年4月22日(3weeks) / US 65年5月22日(1week)
10. ヘルプ / UK 65年8月5日(3weeks) / US 65年9月4日(3weeks)
11. イエスタデイ / US 65年10月9日(4weeks)
12. デイ・トリッパー / UK 65年12月16日(5weeks)
13. 恋を抱きしめよう / UK 65年12月16日(5weeks) / US 66年1月8日(2weeks) 66年1月29日(1week)
14. ペイパーバック・ライター / UK 66年6月23日(2weeks) / US 66年6月25日(1week)66年7月9日(1week)
15. イエロー・サブマリン / UK 66年8月18日(4weeks)
16. エリナー・リグビー / UK 66年8月18日(4weeks)
17. ペニー・レイン / US 67年3月18日(1week)
18. オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ (愛こそはすべて) / UK 67年7月19日(3weeks) / US 67年8月19日(1week)
19. ハロー・グッドバイ / UK 67年12月6日(7weeks) / US 67年12月30日(3weeks)
20. レディ・マドンナ / UK 68年3月27日(2weeks)
21. ヘイ・ジュード / UK 68年9月11日(2weeks) / US 68年9月28日(9weeks)
22. ゲット・バック / UK 69年4月23日(6weeks) / US 69年5月24日(5weeks)
23. ジョンとヨーコのバラード / UK 69年6月11日(3weeks)
24. サムシング / US 69年11月29日(1week)  
25. カム・トゥゲザー / US 69年11月29日(1week)
26. レット・イット・ビー / US 70年4月11日(2weeks)
27. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード / US 70年6月13日(2weeks)
公式SNSアカウントをフォローする

洋楽 人気記事

最新ブログ

フォローする